子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
いざ五分埔へ。3度目の正直なるか?
五分埔

今まで、2度挑戦したけど、全く収穫のなかった、台北の五分埔

ここは、衣類の卸売りマーケット。実際に商品を仕入れに来てる人も多くみかけます。どんな場所かは、台北ナビさんでチェックしてくださいね。五分埔は、家からも近いので、今まで2回行ってみたものの、値札が付いてないから、毎回値段を聞くのも大変だし、足元見られて高値を言われそうだし、何より欲しい服が全然ない・・・ということで、結局一枚も買ったことはありませんでした。しかし今回・・・

五分埔

五分埔への挑戦3度目にして、やっと「これいくら?」と中国語で言えるようになり、値段も聞き取れるようになってきて、なんとなく、感じがつかめてきました。そしてやっと、欲しい服にも出会えたのです。台湾で服を買うなんて、とっても久しぶり!

うれしい〜。旦那さんの感想は、「好きそうな服だねぇ」と。うん、自分でもそう思う。

五分埔

ちなみに、韓国&日本のブランドです。日本のブランドは、私もよく知ってる名前。工場から横に流れたものだろうか?どれも、1枚1400円ぐらい。

ただ問題は、どれも小柄な私には大きすぎること。平均のMサイズでは大きすぎるのです。でも、ここは台湾。お直しがある!と、最初からお直し目当てで購入。そして、近所のお直しやさんで、1枚700〜800円で直してもらいました(全体的に小さくしてもらうため、直す箇所も多く、ちょっと高めになったけど、これは仕方ない)。ということで、結局1枚2000円ちょっとのお買い物になったのでした。

それでも、日本でも小柄な体に合う服に出会うのは、とっても難しいし、気に入った服に出会えただけで幸せ♪幸せ♪ (ユニクロ以外で服を買ったのは、数ヶ月ぶりかも)

※もともと服は安めですが、さらに安く買うには交渉が必要かも。若い子向けの服が多いです。値札はほとんどなく、試着もできない。質もあまり良くはないけど、探せば掘り出し物にもであえるかも。安ければOK!の人には、けっこう楽しめるエリア。午前中はお店が閉まってる場合が多いので、できれば午後2時以降〜夜に行ってくださいね。あと、月曜日は業者向けらしいので、行くなら月曜日以外がおすすめ。

※五分埔は、松山駅のすぐ近くです。饒河街観光夜市へも歩いていける距離。
※私の過去の記事はこちら。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-買い物  comments(4)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 台湾で、餃子の皮を買おう。 | main | 失敗作は、特別価格で。 >>
コメント
by celica at 2010/02/13 6:52 PM
RIEさん、小柄なんですね〜
うらやまし〜。
私は逆に背が高いので、袖が短かったり
丈が短くて、なかなかあう服がないんです。

コートのちんちくちんの袖、見せたいです!
「七分袖かよ〜」ってつっこみたくなります(^0^;

↑写真の洋服、ナチュラルっぽくてとっても
素敵ですね!

by RIE at 2010/02/14 12:15 AM
celicaさん、
背の低いものには低いなりに、高い人には高いなりに悩みがあるものなのですね。私はあえて、七分袖の服を選ぶことが多いです。小柄ゆえ、七分袖ぐらいがバランスがとりやすいんです。今回買った服のお直しも、袖はあえて短めにしてもらいました。

最近は、10年履いてたブーツがぼろぼろになり、買い換えようと探しているのですが、なにせ背が低い=ひざ下が短いので、どのブーツもひざがつっかえてしまい、ちょうど合うサイズが全然ない。これが、あと1cm短かかったら・・・と何度思ったことか。いつか見つかりますように。

by まくちょび at 2010/02/16 12:49 PM
いつも楽しく拝見してます!
上海に行ったときに同じような市場に行きましたが、
日本人だと値切り交渉でなかなか譲ってくれませんでした〜
ほんと試着もできないけど、日本のブランドもちらほら

先日台湾に行った際もこちらのブログ、参考にさせていただきました!
OPENちゃんにはまりました(笑)

by RIE at 2010/02/18 3:10 PM
まくちょびさん、はじめまして。
そうなんです、言葉が通じないと値段交渉もできなくて、私も辛かったです。でも、とうとう「これいくら?」と台湾人っぽく聞けるようになり(その一言しかサラっと言えない・・・)、値段を聞いた後で、もう日本人と分かってもいいから、一生懸命「安くして♪」と言える様になったので、やっと買い物が楽しくなりました。あっ私の見かけ(服装)は、すっかり現地になじんでるので、一見しただけでは、日本人かどうかは分からないかも?!いいのか、わるいのか・・・。
 OPENちゃん、気に入ってもらえて嬉しいです♪

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/972
トラックバック