子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台北 西門&城中市場で、女の子用のお土産を買う
hairband

小さな女の子への、台湾土産にどうでしょう。

これは、MRT西門駅から徒歩4,5分の場所にある、キラキラアクセサリーショップで発見。カチューシャタイプになっているティアラなのです。姪っ子たちの、お姫様ごっこに大活躍するんじゃないかと思って。これじゃ、つけた感じがイメージしづらいかと、こんな写真も用意してみました。

hairband

子豚の貯金箱にかぶせてみました。分かりやすい?ダメ?

すっごくかぶりやすいです。3歳〜10歳ぐらいまで遊べるんじゃないかな。もちろん、大人の女性にもOKです。私も何度も頭につけて、家の中を歩いてみました。そうそう、お値段は50元(約140円)。

しかし、いつも我が妹にしかられるのです。私が帰国のたびに、姪たち(姉の子供たち)にお土産を持っていくので、妹が帰省したときも何かもらえるんじゃないかと期待させてしまい、姪たちから「何かなぁい?」と言われてしまう・・・と。でも、私が買ってるものは、この前は、きらきらのペン1本ずつ(約50円)だけだったし、今回もこんな程度だし。それでも、姪っ子たちは大喜びしてくれるので、私は嬉しくって嬉しくって。妹よ、ごめん。これはやめられぬ。

hairband

続いて、ウェディングベール風のカチューシャ。ベールは、ちゃんと頭の前後にたらすことができるのです。

ほら、こんな風に・・・

hairband

と、またまた子豚貯金箱の登場。どうにもこうにも、これしか適当なものがなくて・・・すみません。これでがんばってイメージしてくださいね。こちらも、たった50元(約140円)。

カチューシャタイプだけに、すっごく使いやすい。けっこうかわいいので、これまた私も頭につけて、「ほれ、ほれ」と、旦那さんに見せびらかしてみました。彼は苦笑い・・・。

さて、ここまではMRT西門駅近くのアクセサリーショップで買ったものですが、その後、探し物があって、西門からもけっこう近い城中市場へ行ったところ、なっなんと、これらが39元(約110円)に!!!しっ、しまった・・・。でも、全ての種類があったわけじゃないので、まぁいっか。しかし、あまりの安さに、もう一つ買い足してしまったのでした。

それが、これ。

hairband

ウィッグ付きカチューシャ。どう?ダメ?

でも、姪たちなら、きっと喜んでくれるはず。または、嫌がって逃げるか・・・どっちか。ここはまず、ひょうきんな次女(Koちゃん)で試してみようと、ひそかに計画中です。

hairband

無理やりですが、旦那さんにかぶせてみたところ、非常にアンバランスというか、変でした。ウィッグの量が少なすぎるのが原因か?!でも、姪たちがかぶってくれたら、かわいいだろうなぁ。

あっ、あの子たち・・・もしかすると、一番下の男の子Hiくんに無理やりかぶせようとするかもしれない・・・。これは申し訳ない、と今気づいても後の祭り。には、先に、ここで謝っておきます。

P.S. 姉へ ごめんなさい。そしてこれは、子供たち3人には、まだ内緒にしていてね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-買い物  comments(2)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 【プラハ】 オーガニック&ベジ食品を買うならCountry Lifeへ | main | 【プラハ】おすすめのお土産 リンゴチップ >>
コメント
by celica at 2010/02/06 7:41 PM
私がもし子供だったら、最初の2つのカチューシャ
めっちゃ嬉しいです!

いや〜そして、とってもアジアのお土産っぽくて
素敵ですRIEさん!!!

そしてそして、土産を期待してしまう子供の心理も
わかります。確実に、「このお姉ちゃんが来たら
何かくれる」ってインプットしてますね(^0^;

でも、値高いもんじゃないし、許す!♪

by RIE at 2010/02/06 8:52 PM
celicaさん
「最初の2つのカチューシャ、めっちゃ嬉しいです!」・・・ということは、やはり、最後の1つは微妙なのですね・・・(T.T) 姪たちがどんな反応を示すか、また結果をブログで伝えられたら、と思ってます。3つとも、喜んでくれますように。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/964
トラックバック