子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【ウィーン→ブダペスト】 電車でゆらゆら3時間。
ウィーンからの電車

ヨーロッパ旅行記も、そろそろ急がないと、記憶が薄れて・・・。

さてこれは、私が昨年11月25日に、ウィーン(オーストリア)から、ブダペスト(ハンガリー)へ電車で移動したときの記録です。電車での長距離移動は、ネット検索しても、本当にほしい部分の情報が見つからなくて苦労したので、誰かの役に立てたらと思い、ここに記しておきます。

ウィーンからの電車

ウィーン(Wiena)から、ブダペスト(Budapest)へは、オーストリア国鉄(ÖBB)で移動しました。結構近くて、わずか3時間の旅。チケットは現地で購入してもよかったのだけど、チケットを買う手間を省きたかったので、あらかじめÖBBのネットで予約してました。

簡単な英語ができれば、問題なく予約できます。クレジットカードでOK。チケットも、画面を印刷していくだけでいいのでラクチン、ラクチン。ただし、肝心のチケットは、英語ではなくドイツ語だったぁ・・・。全く読めないけど、あとは推測で。なんとかなるさ。

ただ気をつけないといけないのは、駅。ウィーンには大きな駅がいくつかあるので(ブダペストも)、駅だけは間違えないように。あと、降りる駅が分かりにくいので、あらかじめÖBBのネットで自分の乗る電車の運行ジュールを印刷しておくと、より安心です。

私が購入した、ウィーンからブダペストまでのチケット価格は、19EUR(約2500円)。2等車(指定席)。自由席があるかは分からないけど、長距離移動のときは指定席だと安心、安心♪ ただ、11月のこの時期、電車は空き空きだったし、当日、駅に行ってみたら、私が乗るはずだった車両が無かったー。当然、私の席も無かったー。Wg461の車両なのに、Wg460、Wg462・・・。おぉ。指定席の意味無いじゃん。というわけで、空いてる車両の空いてる席に、適当に座りました。

ウィーンからの電車

ここに白い紙(右上)が入ってると、誰かの席ですよ、という意味だけど、ここは1枚しかないので、この個室は6席中5席は空いてるということ。白い紙が入ってても、誰もいないことも多いので、けっこう適当でも大丈夫。

というわけで、豪華な6人がけ個室(Compartment)を1人で利用して、うはうはしてたら、親切な車掌さんが教えてくれました。ここは1等用の個室なので、移動してくださいね、と。しっ、しまった・・・。なんと、その車両には、1等と2等両方の個室があったのです。なんと分かりにくいことか。ということで、空いてる2等の個室に移動。

ウィーンからの電車

それがこちら。でも、十分きれい。1等のふかふかシートには劣るけど、十分です。これまた独り占めして、横に寝ていきました。別に眠くないのに、独り占めできてるのがうれしくって、寝転んで、車窓からの風景を眺めたり。

ウィーンからの電車

そうそう、私が一番心配だったのが、大きな荷物のこと。電車での移動中、スーツケースをどうすればいいんだ?というのが一番心配だったけど、結局問題なし。私の場合、個室が空き空きだったから、普通に個室に入れてたけど、個室にも、それぞれ大きな棚がついてて、1週間サイズの大きなスーツケースでも上にあげておくことが可能。ただ、その場合、女性には、重くて上に持ち上げるのが大変なので、誰かに手伝ってもらってくださいね。

他に、座席の下にもスペースがあったし、廊下にチェーンでくくりつけることもできると思ったし、心配するほどじゃなかったなぁ。なんとかなるものです。ただし、貴重品だけは、常に手元においておく、というのは、どこの国でも必須事項です。

そうそう、私が乗った電車は、
Wien Westbahnhof(西駅)7:05発→Budapest keleti pu10:19着。

約3時間の旅でしたが、最近は2時間半で到着するような、高速鉄道もあります。かなり快適らしくて、乗ってみたかったけど、価格が・・・。45ユーロは高くて無理。

Budapest_station

とうとう、ブダペスト(Budapest keleti)到着。到着してすぐATMでハンガリーのお金を引き出そうとしたのだけど、この駅にはATMが一台しかなくて、しかも故障してた。さすがに、まいった。お金がないと、地下鉄にも乗れないよ。

結局、持っていたユーロを、少しだけ、駅の両替商(※割高)でハンガリーのお金に変えたのでした。もうそれしか方法がなくて。ぐすん。

※駅には、小さなInformationセンターがあって、そこは親切でした。でも、その横のチケット売り場は大変、大変。次の移動に備え、先にブダペスト→プラハまでのチケットを買っておこうとしたのだけど、英語が通じにくいのに加え、かなりキツイ。怒られてるかと思うようなやり取りの末、かなり高いチケットを買うことに。予定の3倍!本当に他に安いチケットはないですか?と何度も聞いたのだけど、3日後のチケットなんて、もうこれしかないわよ!と。この辺は、また今度。

とにかく無事にブダペストへ着けただけでも、ヤッター!
※途中で、パスポート検査は一度もありませんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】ウィーン  comments(9)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 「裸でも生きる2」 | main | 「奇跡の脳」 >>
コメント
by celica at 2010/01/05 8:17 PM
もしや、一等席にお座りだったのは、RIE・・・さん!?

そうなら、はじめまして♪
(めっちゃ友達に似ててびっくり)

私、異国では地下鉄に乗るのがやっとでした。
RIEさん、男前〜指定席買えちゃうなんて!

ブダペスト駅素敵ですね〜うっとりしちゃいます(^0^)

by RIE at 2010/01/07 12:17 AM
celicaさん、
こんにちは。自分の写真は恥ずかしいので、いつも全然載せなくてすみません。しかも、本人が特定されにくい写真限定で、これまたすみません(>.<)。海外での移動手段は、地下鉄が一番便利ですよね。言葉さえ通じれば不安も少ないのに、言葉が通じない国では、私もドキドキです。

by かいちゃん at 2010/04/07 4:22 AM
初めまして! かいと申します。

ウィーン→ブダペストの鉄道を調べてたら、こちらのブログに辿りつきました。
RIEさんの鉄道情報、とても詳しく紹介していただいているので大変参考になります。
もしできたら、教えていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか。。。?

私もネットから予約しようと挑戦てるのですが「free seats」の意味がよくわかりません。。。
これは「空席」を意味するのでしょうか?

Rieさんは19ユーロお支払いされたとありますが、これは予め時刻が決まったチケットを購入されたのですか?




by RIE at 2010/04/10 3:36 PM
かいちゃんさん、
私もだいぶ前のことなので、もうあまり覚えてなくてごめんなさい。そのときは必死だったので、一生懸命勉強したのですが・・・。私が購入したのは、時間も決まってる指定席のものです。でも、結局私の席はなかったし(車両ごと消えていた)、よほど込み合うときじゃない限り、自由席で十分だなと思いました。

by かいちゃん at 2010/04/19 2:34 AM
RIEさん

こんにちは。
お礼のご連絡が遅くなってごめんなさい。

無事ブダペストに行ってきました。

色々ご迷惑かけてすみません。

結局ネットから予約したんですが、実際の電車はガラガラでした。

では、私が予約画面で見た「free seat」って何だったんだーって幹事でした。。。

イースターと重なっていたので慎重に考えすぎたのかもしれません。。。

また、RIEさんの旅行記、楽しみにしてますね☆


色々とありがとうございました。

by RIE at 2010/04/19 1:47 PM
かいちゃんさん、こんにちは。
無事にブダペストへ行ってこられたそうで、なによりです♪ 予約は一手間かかりますが、乗る電車が決まってるときには、駅でチケットを買う必要がないから楽ですよね。少しでもお役にたててよかったです。

by まー at 2011/05/28 3:22 AM
こんにちはー☆
私も、ウィーン〜ブダペストの移動で検索して、ここにたどり着きました。

本当に、こういうちょっとした経験談を書いてくれている方がいてためになります。

予約していたのに車両ごとないって、びっくりですね笑

私は、ウィーンからブダペスト、ブダペストからプラハ予定です☆

また、こちらの旅行記読みにきまーす☆

by RIE at 2011/06/04 4:08 PM
まーさん、こんにちは。お返事が遅くなりました。
まーさんも、ウィーン、ブダペスト、プラハの旅に行くのですね。いいなぁ。私もまたいつか行きたいです。素敵な旅を♪

by - at 2013/06/06 5:21 PM
管理者の承認待ちコメントです。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/916
トラックバック