子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台湾のモスで有機米?
台湾のモスバーガー

たまに、台北のモスバーガーでお茶してます。本を読んだり、仕事したり、考え事したり(いつも一人)。

昨日注文したのは、 玄米煎茶40元(120円)。本当は、焙煎酘γ35元(100円)が香ばしくって好きなのだけど、在庫切れ。(台湾って、本当に在庫切れ、品切れが多いのです。)

そして昨日、初めて気づいたのです。

レジのところで、店員さんが何か言うのだけど、いつものように、何も言えない私(まだ全然しゃべれない)。もごもごしていると、店員が満面の笑みで、ニコッ!として、クルリとメニューを裏返したら・・・なんと、まぁ。そこは日本語メニュー。おぉ、モス、すごいよ。

驚きつつ、ドリンク以外のメニューを見てみたら、なんと、モスのライスバーガーのライスを、+10元(30円)でカナダの有機米に変更できることを発見。知らなかったよ〜。知らなかったよ〜。日本でもあるのかな。

ちなみに、台湾のライスバーバーには、蒟蒻珍珠堡(コンニャク真珠バーガー)というものあって、これが素食(ベジタリアン対応)らしいのです。ただ、きんぴらライスバーガーもあるのに、それには素食マークがない。きんぴらなのに、お肉とか含まれているのか?どちらにせよ、蒟蒻珍珠堡を、一度は試してみたいなぁと思うところです。もちろん、有機米で♪ ちょっと楽しみ。

補足)こちらが、台湾モスバーガーのメニューです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

本日、仕事まっしぐら。ご飯を作る暇もなく、昨日の煮物の残りと、インスタントのパンプキンスープを食べてます。しばらくコメントにお返事もできず、ごめんなさい。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-ベジレストラン  comments(4)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 鍋がこれじゃ、いかんと思う。 | main | 台北のゴミ収集車は、音楽と共に。 >>
コメント
by Mio at 2009/10/17 10:34 AM
ファーストフードでは。やっぱモスですよね。有機米も嬉しい限りです。きんぴらライスバーガーは、ベーコンが入っているんですけれど、私はベーコン抜きで頼みますよ。きんぴら甘いですけど、頭が痛くなるほどではないかな? 雑食しすぎで、ならないのかもしれませんが。汗

by RIE at 2009/10/18 11:31 PM
なるほど、ベーコンですか。また一つ勉強になりました。今度、台湾のライスバーガー、初挑戦したいと思ってます。中国語が話せないので、「ベーコン抜きで」と、中国語で書いた紙を持っていこう・・・。

by 9215 at 2009/10/29 9:23 PM
はじめまして。マクロビ生活を続けている9215と申します。
台湾のモスバーガーは有機米が選択出来るんですね〜♪
日本のモスバーガーはどうなのかと思い問い合わせをしてみました。
「有機米の供給量や価格の問題があり、有機米を使用するには
至っていませんが、将来、使用出来ればと考えております。
この件は、今後の検討課題とさせていただきます。」だそうです。
ベジタリアンメニューについても問い合わせをしてみました。
「他からもご要望があり、ベジタリアンの数も増えていますが、
商売として考えた時の需要が低いため、現在、現実問題として
導入は難しいと考えています。この件については、以前から弊社の
検討課題となっています。」だそうです。
商売にならないと言われてしまうと・・・・ですね(汗)
都内や主要都市ではベジタリアンやマクロビのお店が色々とありますが
少し離れた場所ではほとんど無いのが現実ですね。
料理を作ってくれる家人をたまには楽にさせてあげたいんですが
なかなかちょっと外食しよう!って感じには行きません・・・・。
お邪魔しました。

by RIE at 2009/10/30 11:44 PM
9215さん、はじめまして。日本のモスバーガーへ問い合わせてくださったのですね。丁寧に教えてくださって、ありがとうございます。私も、とても勉強になりました!それにしても、たとえ今は実現できていなかったとしても、こんなに丁寧に答えてくれるモスバーガーは、やっぱり信頼できるし、うれしいですよね。ここ台湾でも、ある食品流通会社の社長さんに、ベジタリアンのメニューを作ってほしいです、と話したところ、「やりたいけれど、需要が少ないためにできない」、と言われたことがありました。消費者の声にこたえたいという思いはあっても、現実には、売り上げにつながらないと実現できないこともありますよね。それでもいつか、実現する日がきたらうれしいなって思います。そのためにも、9215さんが、モスバーガーさんに話してくださったことは、とても貴重な出来事だと思うので、私も、受身でいるのではなく、そんな想いを伝えていけたらと思っています。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/825
トラックバック