子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台北デフリンピックの閉幕式に行ってきました。
デフリンピック

台北で開かれていたデフリンピック(Deaflympics2009)が、10日間の開催期間を経て、15日夜、とうとう閉幕式を迎えました。

デフリンピックの期間中は、台北の街には、海外からの選手や、その応援らしき人々を見かけることができ、なんだか街も華やかに、そして活気付いてる感じがして、嬉しかったものです。

さて、そんなデフリンピック2009ですが、なんと、閉幕式に行くことができました!開会式の時は、家にいて、TVに映るジェット・リーや、千手観音の映像を見つつ、外から聞こえる盛大な花火の音だけ聞いて、涙チョチョ切れ状態でしたが、閉幕式には行けますようにと願っていたら、いつもお世話になっている方から、閉幕式のチケットを、いただくことができたのですー!ありがとうございます。ありがとうございます。

デフリンピック

閉幕式の内容も、盛りだくさん。時間が経つのが本当にあっという間(全部で約3時間ぐらい)。会場となったスタジアムの中央部分には、ものすごい数のテーブル&イスが並び、そこに座る各国の選手たちの元に、台湾の伝統的な豪華コース料理が届けられます(台湾素食=ベジタリアン用のコースも有)。

途中では、こんな風に、フライ返しやフォークを持った学生によるダンス?もあったり、

デフリンピック

伝統芸能と思われるものも。龍が舞ったり、踊ったり、巨大な獅子?が、煙を出したり。ちなみに、写真の右の方に映っている赤い箱のようなものは、有名な台湾料理の一つを表現していて、他にも、巨大小籠包や、巨大牛肉麺なども。とにかく、この閉幕式&スタジアム全体が、台湾の伝統的料理を味わえる、めちゃくちゃ豪華な晩餐会、という感じでした。

デフリンピック

楽しくて、楽しくて、ずっとウキウキしていた私。ちなみに、旦那さんと、妹も一緒。そしてまた、こんな経験ができるのも、台湾に住ませてもらっているからこそだなぁ、としみじみ感謝の想い。

デフリンピック

これだけでも十分なのに、開会式のように、大好きなジェット・リーが再び登場してくれないかと、贅沢すぎる願いを持ってみたものの、さすがに無茶な願いでした。でも、中華圏での音楽界の四天王の一人と言われる、郭富城Aaron Kwok が登場(といっても、彼を知らなかった・・・)。

ただ、確かに、会場は大盛り上がりだし、筋肉もすごいし、かっこよかったし、熱いし、ダンスもなかなかすごい。デフリンピックだけに、手話を取り入れて踊っているようでした。ただ、せっかくの筋肉とダンディーさに対し、衣装はかわいすぎたのではなかろうか。かわいい帽子に、同じくかわいい柄のタイツ。ちょっと不思議な衣装でした。でも、良い良い。その後、youtubeで、彼の歌を聴いて、ほわっとなり、彼のことが気になり始めた今日この頃です。

デフリンピック

そして最後は、念願の花火!私にとって、今年初めての花火。めちゃくちゃうれしくて、一人で「たまや〜!」と叫んでました。開会式ほど長くはなかったけど、それでも十分盛大な花火でしたよ。最高です!

こうしてまた、日本で暮らしていたら、決してできなかった経験を、させてもらうことができました。彼が日本の会社を辞めて、はや9ヶ月半。台湾に来て、もうすぐ7ヶ月。将来のことは、まだ模索中の二人ですが、台湾で暮らしたという経験を、決して無駄にせず、次につなげていきたいと思っています。

デフリンピックデフリンピック

最後に、おまけ。デフリンピックの会場で、一人1個、必ずもらえたのがこのセット。いろんな色に光る透明タンバリンと、お菓子セット。そして、お水も無料で配ってました。すごい〜。

本当に楽しい出来事でした。台湾のみなさん、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

さて、明日帰国します。今回は東京も行きます。むふふ〜。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-お出かけ・体験  comments(4)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 我が家のおかしな仲間たち。香杉カゴが、やってきた。 | main | 台湾シャンプーをやってみた。妹編。 >>
コメント
by さわちゃん at 2009/09/18 10:27 AM
また素晴らしい経験をされましたね。私は台湾に在住しながらも
仕事に追われ開会式も閉会式も行けませんでした。
ただ9月9日に台北にあるイスラム料理のレストラン昆明園にてインドの
選手団に触れる事が出来ました。晩餐会って医食同源の国台湾ならで
はですね〜。あのテーブルを用意する彼らは早く用意が出来るよう
訓練を受けた人々とらしいですよ。お土産もいい記念になりますね。

by 妹1号 at 2009/09/18 11:10 PM
「たまや〜」って叫んでいる姉をちょっと不思議に
眺めていた妹です。なんと日本語だったとは・・・。
中国語で何か意味があるんだろうなぁと自分に
言い聞かせてたんだよ。
ところで・・・デフレンピックの閉会式、本当に楽しかったわ。
一緒に行けてよかったよ。

by RIE at 2009/09/18 11:51 PM
さわちゃんさん、インドの選手団との出会い、よかったですね。私も道を歩いていたり、スターバックスなどで選手を見かけることができ、うれしかったです。閉会式のテーブルの係りの方たちは、たしかにとてもてきぱき動いていて、すごいなぁと思っていたら、特別な訓練を受けていたのですね。すばらしかったです。

by RIE at 2009/09/18 11:55 PM
妹よ、日本語に決まっているのに・・・そして、一緒に叫べばよかったのに・・・。さらには、何を言ってるんだろうと思ったら、そのとき聞いてくれればよかったのに・・・。と、姉は思っています。
デフリンピックの閉会式、本当に貴重な経験ができたね。行けてよかった!

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/801
トラックバック