子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【PuriWisata(プリウィサタ)】バリ島スミニャックのホテル(3)
PuriWisata

バリ島の旅行記を、記憶が薄くなる前に、どどんと紹介しています。

さて、UBUDで3泊した後、次に向かったのはSeminyak(スミニャック)。バリ旅行の後半は、スミニャックで2泊すごしました。ここでの最初の宿(と、書く理由は後ほど)は、格安のPuriWisata(プリウィサタ)。なんと1泊20〜30ドル程!もちろん二人でこの価格。ものすご〜く安い!

PuriWisata

なぜここにしたかというと、値段の安さはもちろんのこと、ネットでの評判が、とてもよかったから。クチコミが悪かったら、ここには泊まっていませんでしたが、さすがにこれだけ評判がいいのなら間違いないだろうと、ここに決定。もちろん、格安宿ということで多少の覚悟もしていたのですが・・・

部屋の入り口をみた瞬間、やけに嫌な予感がし、
そしてその予感は、現実のものとなってしまったのでした。

PuriWisata

部屋に入ってみると、いろんなものが傾いていたり、穴が開いていたり、清潔感が全くない室内。ますます不安になってきます。それでも、今まで世界各地で、多少は格安宿も体験してきた身。なんとかなるだろう、と自分を励まします。

PuriWisata

お風呂場を見て、思わず後ずさりもしたけど、値段が安いんだから仕方ないよ、きっとなんとかなる、と、まだ自分を励まし続けていた私。しかし、こんなにきたないのに、スリッパもないのは厳しすぎる(衛生面で非常に不安)ので、お風呂場では、外ではいてたサンダルを使用してました。

※写真で見る以上に汚く、トイレの匂いもひどかったのです・・・。
※本当はこの時点で一度、部屋変えをお願いしたのですが、満室で無理でした。

PuriWisata

これは翌朝の朝食。長く待たされたあげく、冷めたご飯がでてきたところで、とうとう我慢できなくなりました。もう限界だー。そして、宿を変えることにしたのです。

実は・・・

原因はこれだけではなかったのです。前日の夜、あまりの騒音のひどさに、二人とも、ほとんど眠ることができなかったのです。私たちの部屋は、道路側に面しており、明け方まで続く車の騒音&クラクションはものすごいものでした。さらに、深夜2時まで、部屋の前で騒いでいる若者たちがいたのに加え(最後は、静かにしてもらえるようにお願いした)、明け方まで、どこかのディスコの音楽の地響きがズンズン、ズンズンと伝わってくる始末。さらに、早朝からは、向かいの部屋で工事が始まって、また大騒音・・・。24時間、常に続く騒音。

多分、この状況では、どんな人でも連泊は無理かも。私も昔、NewYorkの格安宿(ドミトリータイプ)で、クラブの上の部屋で大音響に悩まされながらも、何日かすごしたことなどもあるのですが(それでもそのときはなんとかなりました)、ここは、そんな比ではないほど辛い体験でした。

もし部屋を変更してもらえるのなら、そのままもう1泊も考えたのですが、満室で無理。そこで、もう1泊の予約はキャンセルして、宿探し散歩にでることになったのでした。

残念ながら、こんな散々な結果になってしまいましたが、残念だったことだけを書くのも好きではないので、良かったこと&気づいたことも載せておきます。今後、PuriWisata(プリウィサタ)に泊まろうとする人が、同じような思いをしなくてすむように、参考にしてもらえたらとても嬉しいです。

★PuriWisata(プリウィサタ)で、おすすめできること

1)とにかく安い!20ドル〜30ドル/室泊まれます。
2)日本語が通じるオーナーがいるので助かる。
3)立地がよい(※ただし部屋によっては、騒音がすごいので、ちょっと注意)
4)2泊以上で空港への無料送迎(※ただし、タクシーでも400円程度の距離)
5)フロント近くで、無料の無線LANが使えるので便利。


そして大事なのは、部屋によって、中の清潔感、設備が全然違うということ。プリヴィサタに泊まって、とてもよかった、と言っている人は、リニューアル後のきれいな部屋で、かつ、道路に面していない部屋に泊まった人だけと思われます。そういう人が紹介しているプリウィサタの部屋の写真は、どこもきれいです。

だから、ここに泊まろうとする人は、どうかくれぐれも私の経験を考慮して、「リニューアル後のきれいな部屋&道路に面していない部屋&工事でうるさくない部屋」を、先にリクエストしておいてくださいね。そうであれば、きっと、私のような思いをすることなく、ここでも快適な滞在ができると思います。

あぁ、私もそんな部屋に泊まりたかった・・・。切ないこの思い。

==============================
Puri Wisata Bungalows プリウィサタ・バンガロ−ズ (プリヴィサタ)
Jl. Raya Legian Kaja,Kuta,Bali,INDONESIA
TEL:62-361-730322
http://www.puriwisata.com/puriwisata.html
==============================

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

※しかしその後、思わぬ素敵な宿を見つけ、バリ旅行の最後は、快適なホテル滞在で終えることができたのです。そして、これはまた後日。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】バリ島  comments(4)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 【Tropical View cafe】 田んぼビューで、バナナフリッター | main | 【Colonial Living】バリ島スミニャックで、おいしいベジ料理! >>
コメント
by Mio at 2009/09/15 4:25 AM
悲しかったですねえ。
とくに、ウブドが良かったから、余計、、、では?
私たちも、先にアリラだったので、後半いろいろ不満が出ちゃいました。
宿は、旅の後ろへいくほど高級にしておいたほうがいいという教訓を得ました。

最後の良かった宿レポート楽しみにしています。

by RIE at 2009/09/15 11:06 AM
Mioさん、こんにちは。いや〜それが、この宿のこの部屋は、本当にひどかったのです・・・。だんだん部屋のランクが下がっていくことは、節約のため、覚悟していたのですが(多少清潔でないことや、ご飯がおいしくないこと、トイレの匂い、などは許容範囲)、さすがに、二人ともが、ほとんど眠れないほど騒音がひどいことだけは、どうにも太刀打ちでませんでした・・・。でも、ココまでひどかったのは、多分私たちの部屋と数部屋だけで、それ以外は、まだ大丈夫そうor快適そうでした(それでも、みんな、ほぼ同じ値段)。

そうそう、実はこの宿の私たちの部屋、ただでさえ騒音がひどいのに・・・2つある窓には、どちらもガラスが入ってなかったのです。そのため、車の音、人が騒ぐ音、クラブの音、工事の音の全てが、そのまま伝わってきて・・・それを知ったときは、かなり衝撃的でした。あぁ、この音はもうどうにもならない、と。

それでも、その分、次のホテルで幸せを味わえたので、旅全体では、とっても満足で楽しかったのです。またご紹介しますね。

by at 2009/10/05 10:47 PM
はじめまして、RIE様
突然のカキコミお許しください。
プリヴィサタについて検索していてこちらに辿りつきました。
私もネットのクチコミを信用してこのホテルに決めました。
私の場合は深夜着、半日しか利用しないということで少し交渉して; 空港迎え付き1泊30ドルにしてもらったのですが、値切ったせいかどうかひどい部屋でした。本館は満室だとのことで、道路向かいの別棟へ。外観はキレイなのですが、部屋はともかくバスルームが古くて不潔でした。おまけに道路の交通量が多くて、道を渡るのがいちいち恐怖でした。そして騒音もしかり。
本館はキレイなのな、と思っていただけに、RIE様のこちらのブログの記事がショックで…。思わずカキコミせずにはいられなくなった次第です。
連泊のご予定だったそうで、次のお宿探し、苦労されましたね;;
幸い私はここは1泊だけの予定だったので、次のウブドでは安くて素敵なロスメンに泊れましたが…。
台湾にお住まいということですが、私も台湾大好きです!またちょくちょくお伺いさせていただきますね。
今日は突然失礼いたしました

by RIE at 2009/10/05 11:32 PM
はじめまして。どうやら、ほとんど同じような部屋だったようですね。道路向かいの別館・・・多分、あの建物ですね。わかります。私の部屋は、本館側だったとはいえ、同じくあの道路に面した部屋で、大変な思いで1泊しました。しかし、あれが別館だったとは。そして、別館も、私と同じような状況だったとは・・・。あの辛さは、経験した者同士でないと、分からないかも。そして値段は、30ドルは、特に安いわけではなく、あの宿の普通の価格のようです。それでも、翌日のウブドでは素敵なロスメンに宿泊されたとのこと、本当によかったです♪♪♪

台湾が大好きとのこと、とっても嬉しいです。またぜひ見に来てくださいね。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/793
トラックバック