子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台湾デザート【湯圓】 マクロビオティックさんにもおすすめ♪
湯圓

台湾では、なかなかマクロビオティック的にOKなデザートが見つかりません。日本のチャヤBrown Rice Cafeのようなお店は、皆無。。。でも、その代わり、ベジタリアン天国!素食文化があるので、ベジタリアンやVeganには、本当にやさしい国なのです。

さて、そんな中でも、台湾で見つけた私のお気に入りのデザートがこの湯圓。日本でいう、白玉団子のようなものです。もっちもちで、おいしー♪ 自分でゆでて、メイプルかけていただきます。そうそう、これは、近所の自然食品店「里仁」で買いました。冷凍されてて、こんな袋に入ってますよ(下)。

湯圓

ふふふ〜多いでしょ。こんなにたくさんだから、値段も75元(約220円)しますが、これだけあったら、かなりもちます。うきうきで買って帰ってきて、冷凍庫開けたら、前に買ってきた未開封の湯圓(同じの)が・・・。しっ、しまった。でも、食べてればいつかなくなるから、まっいっか。

作り方★沸騰させた湯の中に、冷凍のままの湯圓を入れ、なべ底などにくっつかないようにだけ、時々かき混ぜながら様子をみて、湯圓がぷか〜と浮いてきたら、出来上がり♪

あとは、お好みで、メイプルかけたり、甘い生姜湯に入れてみたり、カキ氷にのせてみたり、スープにいれたり?ご自由にどうぞ。そうそう、この湯圓、自然食品店のものだけあって、材料もとってもやさしいのです。もち米、紅麹米、もう一つお米(漢字が読めない)、ひまわり油のみ。※ピンク色のお団子は、紅麹米の自然な色です。日本にもあると思いますが、念のため、「紅麹米」という言葉をネットで翻訳してみたら、翻訳結果:「赤いですか?米」ときたもんだ。こっちが聞きたいよ。

※湯圓は、台湾のいろんなデザート屋さんでみかけることができます。先日紹介した「鮮芋仙」のカキ氷にも載ってました。ただ、他のお店の湯圓には、もしかしたら着色料や甘みが入ってる場合もあるかもしれないので、病気や健康のためにマクロビオティックをされている方は、念のため、注意してくださいね。

Radix Puerariae Ball

湯圓つながりで、こんなのも見つけました。レンコンの湯圓っぽいです。もち米の代わりに、レンコン粉と、くず粉、自然農法の野菜まで入ってます。あとは、紅麹と紅糖入り。レンコン好きとしては、気になるところなので、買ってみました。

Radix Puerariae Ball

まだ冷凍のまま。なんか、マシュマロみたいです。でも、凍ってるので、カッチカチ。

Radix Puerariae Ball

ゆでたら、こんな風になりました。黄色は、多分かぼちゃの色かな?赤は、紅麹の色。白っぽいのは、完全にレンコンの色。なんか、地味に派手です。そして食感も、先ほどの湯圓とはちょっと違って、歯ごたえがあります。・・・歯ごたえ、って。これに歯ごたえは必要か?なんかまだ、おいしいのかどうか、よく分かりません。3回ぐらい作ってみたけど、今もまだよく分かりません。ゆで方がおかしいのかな。また4回目、がんばります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←参加しています。よろしくお願いします。

台湾のベジタリアン生活も、なかなか面白い発見がいっぱいです。楽しい!

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-ベジ・有機食材  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 台湾のエアメール封筒と、金興發生活館。 | main | GaKu-Den(楽田麺包屋) 台北のおいしいパン屋さん >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/753
トラックバック