子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台湾ダイソー(DAISO)39元ショップ!
台湾ダイソー

台湾に、ダイソーがどんどん進出しています。
台北にも、台北南西店(写真)、NY NY店、西門駅前店など、どんどんできてます。
ダイソーHP:海外店舗情報はこちら)

日本にいるときに、ふと思うことがあって、できるだけこれからは、
使い捨てになりがちな、100円ショップの商品は買わないようにしたい、と
思っていたのですが、台湾にきて実感しました。やっぱり助かるものは助かる、と。。。

ただ、以前の様に、気軽にプラスティック製品を買うことは、ほぼなくなりました。
それでも、どうしても必要があって買う場合は、それが本当に必要かどうか、
かなり慎重に考えてから、購入するようになっています。
1個の商品を買うために、1週間悩み続けることもあるのですよ。
 台湾ダイソー

さて、それにしても、台湾のDAISOは、もりあがってます。
この写真は、ある週末のレジの様子です。(平日はもう少し空いています)

今さらながら、日本の商品(made in Japanという意味ではないです)は、すごい。
この価格で、これだけの品質の良い商品を作って販売できるって、やっぱりすごい。
台湾で暮らしてるから、余計にそう思わされるのかもしれないけれど。

ただ、ダイソーがここまで進出してしまうと、他のお店はどうなってしまうんだろう。
大打撃を受けてるお店もあるんじゃないか、と思えてしかたないです。

台湾は、まだまだ小さな個人商店が多いです。
でも、日本が歩んできた道がそうだったように、
寂しいけれど、個人商店は、だんだん成り立たなくなっていくんじゃないかと思います。

また一方では、これらの商品を作っている場所(海外に限らず)では、
これだけの低価格で、高品質の商品を作り出し続けるために、
大きな「無理」が生じてきてはいないだろうか、と、心配にもなってきてり。

100円ショップは、消費者にとって、とても便利で助かる存在だけど、
その裏では、何か大事なものを失っていないだろうか、とか
何かもっといい方法はなにだろうか、なんて、
ちっぽけな存在の自分ですが、いろいろ考えさせられるところです。

------------------------------------------------------------------------

本日も、台湾で書いてた記事をUPしてみました。

そして今も、相変わらず、深夜まで仕事をし続けています。
帰国してからの3日間、毎晩深夜3時すぎまで、ほぼぶっ通しで仕事してます。
ときどき、ご飯を食べることも忘れています。

さすがに深夜2時をすぎると、頭と体もふらふら〜。
ふと気づくと、ぶつぶつ独り言をいいながら、仕事していたり・・・。
本当はこんな無茶をしてちゃいけないのだけど。あと少し。がんばれ、私。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←参加しています。面白いブログがいっぱいです。
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-買い物  comments(6)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 高雄へ行こう!国統大飯店 (高雄駅前 2700円の格安ホテル) | main | 一緒につくろうぜ! >>
コメント
by 小姐 at 2009/06/21 11:09 AM
こんにちは♪
写真を見て気がついたのですが、日本にあるダイソーは
みどり?きみどり?なのに、台湾は赤なんですねー。
なんなんでしょーこれは。

お仕事がんばってください!!!!

by Levi at 2009/06/21 3:48 PM
こんにちは

台湾にもダイソーが進出しているんですね。
私も利用させてもらっていますが、Rieさんと同じく安易にプラスティック製品は買わないようにしています。
定番のお買い物がアクリル毛糸やミシン糸などの消耗品です。
アクリルタワシを作るのにありがたい価格です。

個人商店が無くなることは大企業が市場を占有していくってことですよね。
販売する企業が少なくなるってことは仕事も少なくなるんですよね。
植物も動物もお店も企業も種類が多いことは皆が生きやすい環境なんですよね。
多様性が無くなると生きづらくなる。
それに今の日本ってどこの駅を降りても同じような風景でつまんないですよね。
ホント、できることがあるなら何かしたいです。

お仕事お忙しいようですね。
お体に気をつけてくださいね。

by りんご at 2009/06/21 8:49 PM
Rieさん、

お疲れ様です。
私もちょうどそんなことを思っていたところです。
家の近くに、guができたんですが、こんなに安く服を売ることができるってどういうことだろう?
アメリカにいた頃、密入国者が低価格商品を作る為に低賃金で労働搾取されてるという記事を読んだことがあって、この商品も労働搾取なんてことが起こってるんじゃないだろうか?とか。。。そして、どれが適正価格なのか、と考えてみたり。。。

安いってとても魅力的ですが、「必要なものを必要なだけ」ができれば地球にも経済にも体にもヘルシーなことなんですよね。。。

by RIE at 2009/06/24 9:33 PM
小姐さん、お返事が遅くなってすみません。日本と台湾とで、ダイソーの色が違うってことを、小姐さんに教えてもらうまで、気づきませんでした。もしかしたら、風水的にいい色にしたとか???な〜んて、想像してます。

by RIE at 2009/06/24 9:41 PM
Leviさん、こんにちは!お返事が遅くなって、すみません。Leviさんのいわれるように、たしかに最近は、日本のいろいろなところへ旅しても、どこもだんだんと似たような光景になってきている気がします。これって、すごく残念なことですね。でも、その一方で、これは、わたしたち自身が、(都会も田舎も関係なく)便利さと安さを求めてきた結果でもあるだけに、とても難しい問題だなぁと考えてしまうところです。

by RIE at 2009/06/24 9:57 PM
りんごさん、お返事が遅くなってごめんなさい。りんごさんの言葉のように、みんなが「必要なものを必要なだけ」でいられたら、きっと、もっとシンプルに、やさしく暮らしていけそうで素敵だなと思います♪まずは自分から、そんな生活をしていけたらと思っています。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/664
トラックバック