子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
パピヨンステイ 台北の格安宿@士林近く
パピヨンステイ 台北格安宿

3ヵ月半前、家も決めないままで、台北にやってきました。
とりあえず2週間、仮宿に泊まって、その間に家を探す予定でした。

でも、2週間もホテルに泊まってたら、宿代もばかになりません。
そこで、インターネットで探して見つけたのが、士林のパピヨンステイでした。

台北には、いろいろな格安宿がありますが、いくら節約志向の私でも、
実際には、値段のこと以上に、口コミ情報などを元に、
ここで快適に過ごせるのか、を何より大事に考えます。

実際、ここは評判もとてもよく、比較的清潔で、周辺環境もOK!そして駅近!
とっても快適でした。

そこで、これから台北を訪れてくれる方の参考にしてもらえたら嬉しいので、
台北のおすすめ格安宿、パピヨンステイをご紹介しておきますね。
Welcome to TAIWAN!

まず、一番上の写真は、パピヨンステイのリビングです。
パピヨンステイは、建物の2階にあって、階段をあがったらすぐ、このリビング。
せっかくのリビングですが、なんとなくここではゆったりできないので、
みんな部屋で過ごしてました。でも、一応テレビ見たり、本を読んだりできます。

パピヨンステイ 台北格安宿

これが、とっても分かりにくいのですが、パピヨンステイの入り口(1階)です。
宿泊者は鍵をもらえるので、それでこのドアを開けて入ります。すぐ階段です。
もちろん、エレベーターはないので、重い荷物はちょっと大変かも。

パピヨンステイ 台北格安宿

私たちが泊まっていたのは、3階にある、長期滞在者用のツインルームでした。
パピヨンステイには、他にツインルームやドミトリールームがいくつもあるのですが、
長期滞在社用の部屋はここ1室だけ。

他と何が違うのかというと、部屋に窓があること(これはとってもありがたい)、
テレビがあること(他の部屋は、多分騒音防止のためについてない)、
小型冷蔵庫があること(他の人は、共同冷蔵庫を使います)、
そしてベランダがあること!

パピヨンステイ 台北格安宿

この部屋は、本当は1ヶ月以上の宿泊者しか泊まれないのですが、
1ヶ月といっても、超格安。13000元(約39000円)なのですよ。
これを1泊で計算すると、1泊、たった1300円なのです。
もちろん、1部屋分なので、2人で泊まってもこの価格。

こんな安けりゃ、と念のため、1ヶ月分予約しようとしたのですが、
あいにく予約が入っていて、2週間分しか予約できず
その場合、普段なら、長期滞在個室は予約できないのですが、
無理をいって(少し割高にはなりましたが)、ここに泊まることができました。

もしかしたら、値段は少し変わっているかもしれませんが、
私が滞在したとき(2009年2月)は、こんな価格でした。(1元=約3円です)

ドミトリー1泊:450元、シングル1室:650元、
ダブル1室:850元、ツイン1室:950元、トリプル1室:1250元
長期滞在個室1室:1ヶ月で13000元

パピヨンステイ 台北格安宿

ちなみにこれが、長期滞在個室についていたベランダ(バルコニ−)。
ここに洗濯物を干せるので、とっても気が楽でした。
※洗濯機は、共同のものが2台あるので、ラクラク使えます。

パピヨンステイ 台北格安宿

こちらは、他の部屋(4名、ドミトリータイプ)の様子。
イスや机、ハンガーかけなど、そろってはいるので、
とりあえず問題なくすごせます。

パピヨンステイ 台北格安宿

2段ベッドの下の人は、簡単なカーテンがついているので、
プライベートは、若干守られるような感じです。

そうそう、貴重品などは、2階リビングにある
鍵付きロッカーに入れておけるので、こちらも安心。ありがたいことです。

パピヨンステイ 台北格安宿

そしてこちらは、共同キッチン(3階)。キッチンは、2階と3階、それぞれにあります。
でも、火は使えません。湯沸しポット、冷蔵庫、電子レンジ(2階)などがあります。
まな板、包丁、食器も、少しそろっているので、ときどき使ってました。

料理できないキッチンですが、それでも、ないよりずっとまし。
ただ、どうやってもここでは自炊できないので、
深めのホットプレートを購入して、部屋で調理してました。
そのときの様子→台湾のスーパーで買えるお菓子と、自炊生活

パピヨンステイ 台北格安宿

こちらは、共同バスルーム&トイレ。
実はこれが少しやっかいでして、シャワーとトイレが、至近距離のため、
シャワーを使うと、この部屋は一面水浸し。

毎回シャワーをのあと、専用ブラシで水ふきをしないといけません。
なんとかなりはするのだけど、家探し中の身だったので、
さすがに自分の家は、これは避けたいな〜と思ったのでした。


さて、今日も長くなってしまいました。
パピヨンステイ。おすすめできる格安宿です。

しいて欠点を言えば、音がつつぬけなので、
場合によっては、他の部屋や廊下から聞こえる音がうるさくて、
寝付けないかも、という点。これは実際私も、困りました。
格安宿だけに、日本から、女学生のグループが泊まりにきていたのですが、
深夜まで、ワーワーキャーキャー声が・・・。
2時間ぐらい我慢した後、さすがに静かにしてもらうようお願いしました。

でも、お互いに最低限のマナーを守れば、みんなで快適に過ごせます♪

そして周辺環境ですが、MRT士林駅からとても近いので、
コンビニやカフェ、食事する場所にもこまりません。とてもいい場所です。
中心部からは少し離れているけど、MRTですぐだし、全然気になりませんでした。

それに、士林駅は、故宮博物館の最寄駅でもあるので、便利です。
そして、有名な、士林余市へも、歩いていけます(徒歩10分ぐらい)。

では、この辺で。どなかたの参考になれば、とても嬉しいです。

taipei book 台北ガイドブック







   歩く台北        台湾の歩き方     

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←参加をはじめました。台湾ブログが215個!?

================================
ゲストハウス パピヨンステイ Papillon Stay in 台北
台北市士林区美徳街82号2階(入り口は1階) 担当:黄さん(日本語OK)
公式HP→http://www.geocities.jp/papillonstay/
オークション予約→http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/
All About でも紹介→http://allabout.co.jp/travel/traveltaiwan/
================================

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-お出かけ・体験  comments(2)  trackbacks(1) written by Rie 
<< 台湾 鶯歌へ陶器を買いに行こう! | main | ヘルシーポテチと、炊き込みご飯。 >>
コメント
by Kiyomi at 2009/06/07 2:59 AM
はじめまして
お姉さんのブログからこちらに来ました。
台湾生活のお話がおもしろいので最近いつも拝見しています。
私も海外生活や海外出張が多く、また息子達も10代後半になって、
食生活を含めた生活全般に対していろいろと再考が必要かなあと
思う今日このごろです。いつでもどこでも臨機応変にハッピィに、
が大切ですよね。これからも台湾生活便りを楽しみにしています。

by RIE at 2009/06/08 12:16 AM
Kiyomiさん、はじめまして♪ Kiyomiさんのブログも拝見して、わくわくしてました。はい、「いつでもどこでも臨機応変にハッピィ」がいいですよね!日本にいても、海外でも、毎日いろんなことが起こるけど、それも自分の考え方次第で、どうにでもなると思ってます。台湾からみなさんへ、ちょっとでもワクワクやハッピーな思いが届くといいなと思ってます。これからも、よろしくお願いします♪

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/658
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/08/27 3:13 PM |