子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台北フラワーマーケット(花市)へ行こう! 建国週末花市
Sundaymarket

久しぶりに、大興奮してしまったのが、
台北で週末(土日)にだけ開かれている、フラワーマーケットです。

あまりに興奮しすぎて、途中で力尽き、呆然と立ちすくんでしまいましたが、
旦那さんが、冷たいお茶を買ってきてくれて、少し休んだおかげで復活しました。

それぐらい、フラワーマーケットが大好きです
昔、仕事で花に縁があったということもあるのですが、
(個人で)海外に行く度、フラワーマーケットに行ってました。



昔、アムステルダム(オランダ)のフラワーマーケットや、
パリの花市に行ったときも大興奮でしたが、台北もまた違う意味で興奮!
今回興奮したのは、値段の安さです。あまりに安くて、クラクラ〜。
 
Sundaymarket

毎週開かれている花市ですが、地元の人で、こんなに賑わってます。
花市については、台北ナビさんの建国週末花市・玉市を参考にしてくださいね。
ここに、地図や詳細が紹介されています。

高架下の左右に、切花、鉢物、花器や鉢など、いろんなお店が
ぎゅぎゅっと詰まって並んでます。中には、どうやって運んできたの???
って思うほど、大きな大きな木も売ってました。4メートル以上あったかも。

Sundaymarket

例えば、こんな風に売ってます。
ここだと、だいたい一束が150元(約450円)ぐらいだったかも。

Sundaymarket

で、私もバラを買いました。20本入って、150元。
嬉しくって、家中にバラを飾りました。もちろん旦那さんの机の上にも♪

が、彼が一言。

「花がここまで安いと、もう僕が花屋さんで
1輪だけ花を買ってきてプレゼントしても、あんまり嬉しくないよね・・・」


いやいや、それはそれで、とっても嬉しいのだよ。
1輪でも、どんな花でも、やっぱり花を贈られるのは、嬉しいです。

Sundaymarket

バラは、日本で買っていた時と比べ、傷むのが少し早かった気がします。
一部の花が、ぎりぎり1週間もったという感じです。

それは、台湾の気候もあるかもしれないし、水のせいかもしれないし、
もっと花を長持ちさせられるように研究してみますね。
とにかくバラに囲まれた生活は、幸せでした。

そうそう、バラ20本の束が、100元(300円)のお店もありました。
ということは、バラ100本で、500元(1500円)。ひょえ〜安い!!!
値段に関わらず、そんな花束、一度でいいからもらってみたい、
と、ふと夢描いてしまいました。

あっ、でも1本でも嬉しいです(と、また付け足しのようですみません)。


Sundaymarket

そしてこれが、先日紹介した、例のこれです。
効果は・・・うぬぬぬ。これをベッドの横においた寝たときも、ダメでした。
台湾の蚊は、どこまで強いのか!

今も1匹、部屋を飛んでる気配がするので、
蚊を相手に、ときどきこれを振りながら怒ってます。

Sundaymarket

おまけですが、花市のすぐ隣(続き)で開催されている、玉市にも行ってみました。
ちょっと独特な雰囲気。

さら〜と見て回ってみたけど、めぼしいものは見つからず、
ふむ、ふむ、なるほどね、と納得だけして帰ってきました。

あぁ、愛しいフラワーマーケット。きっとまた行くからね。
そして今度は、いよいよ室内用の観葉植物をそろえたいと思います!

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-買い物  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< Yes Natural Restaurant(悦意坊) 台湾ベジタリアン・マクロビレストラン | main | 第五回台北国際素食有機産品博覧会へ行こう!Taipei Vegetarian & Organic festival 2009 (その1) >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/624
トラックバック