子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【京鼎小館、京鼎樓】 台湾でおいしい小籠包
京鼎小館

長らくお待たせいたしました。
ずっとずっと紹介したかった、おいしい小籠包のお店を、やっと紹介できます。

台湾で小籠包といえば、「鼎泰豐」が世界的にも有名ですが、
私は台湾の食通の知人に教えてもらってからというもの、
この【京鼎小館、京鼎樓】をひいきにしています。

(京鼎樓も、日本にもいくつか店舗があります)

こちらなら、鼎泰豐と変わらないおいしいさだし(もしかしたら、もっとおいしいかも)、
ここにしかない、オリジナルメニューもおいしいし、
ほとんど並ばずにお店に入ることができるんです。
京鼎小館 

一番最初の写真は、もちろん有名な小籠包。
ぷるぷるの薄皮に、汁も中身もたっぷりつまって、本当においしそう!
彼(旦那さん)は、ぺロッと1せいろ分(小籠包10個)たいらげました。

そしてこちら(上の写真)は、私の注文した「素蒸餃」。
ベジタリアン用の蒸餃子です。お値段は、180元(約540円)。
※素=素食用、ベジタリアン用という意味です。

ちなみに、さきほどの小籠包は、1せいろで170元(約500円)なので
ちょっと不思議ですが、小籠包の方が安いんですよ。

日本じゃ、このお店に入るために、いつもたくさんの人が並んでいるというのに、
こんな贅沢をしていいのだろうか〜!と、おもわず叫びたくなるほどのおいしさ。
私も、「素蒸餃」をペロっとたいらげてしまいました。

京鼎小館

チャーハン好きな彼は、やはりここでも、チャーハンを注文。
肉◎蛋炒飯 110元(約330円)。普通の卵炒飯ですが、彼は大満足。
こちらも、おいしかったそうです。


京鼎小館

ちなみに、オーダーの仕方ですが、とっても簡単。
テーブルの上にある、このオーダー用紙に注文したいものの数を書くだけ。
中国語ができなくても大丈夫!

あっ、ただ、別途メニュー表があったかどうかは忘れてしまいました。
(行ったのがちょっと前なので) というわけで、この記事や他の記事をみて、
注文したいものの名前だけは、なんとなく覚えておくといいかもしれません。

京鼎小館


そしてこれ。私が注文した、素大包 60元(約180円)。
ふふふ〜。

長くなってしまったので、続きはまた明日にしますね。
素大包の中身も、明日ご紹介します。

台湾、とっても楽しいです。あとは語学さえできれば、いうことナシです。
でも、今の私は、日本-台湾の行き来が多すぎて、ちょっと疲れ気味。
そのため、勉強用の思考回路が休業しているので、
語学は、また5月からがんばります!ではでは、また明日。
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-ベジレストラン  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 台湾で野球観戦!その2 | main | 【京鼎小館、京鼎樓】 台湾でおいしい小籠包 (その2) >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/587
トラックバック