子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台湾で有機米を買ってみた。
taiwan_rice

生まれてからずっと、祖父母が愛情込めて作ってくれたお米を
食べて育ってきました。今も、祖父母のお米が大好きです。

でも、台湾で暮らす今、さすがにそれは無理なので、
“台湾で、おいしいお米探し” が始まりました。

まずは白米を買ってみました(上の写真)。

台湾では、有機米は、普通のスーパーでも購入できます。
値段は若干高めですが、体のことを思うと、有機米に手が伸びます。

そうそう、有機食材を買っていると、贅沢してるように思えたりもするものの、
お肉やお魚等は一切買わず、野菜中心で、可能な限り自炊しているので、
食費は、普通の家庭とほぼ同じか、案外それ以下で済んでるときも多いと思います。
台湾も、基本的に物価が安いので、そんなにかからないはず



話がそれましたが、台湾で初めて買ってみたこの白米。
有機米と、有機香米、の2種類があり、「有機香米」の方が安かったので、
チャレンジをかねて、「有機香米」を買ってみました。
値段は、1.5Kgで180元(約550円)。何でも、まずは挑戦です。

ちなみに、袋には、「淡淡的芋頭香」と書かれていますが、
意味は、まったく分かりません。ほんのり芋の頭の香りがするとか?

味は、問題なく、普通においしくいただいたのですが、
最初、袋を開けたときに、もわっと、お芋のような香りがしました。
私の勘違い・・・?今後、台湾のお友達に聞いてみたいと思います。

taiwan_brown_rice

次に、日本からの荷物が届き、圧力鍋セットもそろったので、
やっと玄米が炊ける!と、早速、玄米を買ってみました。

この有機玄米も、自然食品店だけでなく、カルフールなどでも買えます。
値段は、2Kgで230元(約700円)。

カモの写真もついてるし、合鴨農法?なんて思ったり。
そして、楽しみに、楽しみに、炊いてみたところ、

うわぁぁぁぁぁ。こ、これは・・・。
炊き上がったお鍋を開け、匂いをかいだ瞬間、自分を疑いました。


なぜかそのご飯からは、動物園の香りのするのです。
もっと詳しく表現すると、草食動物の小屋などからくる、かぐわしい香りです。

カレーにしたり、チャーハンにしたりしましたが、ダメです。
どうしても、動物園の香りが消えません。口の中でもついてきます。


彼にも、「ねっ、ねっ、動物園の香りがするよね?」と聞いてみたのですが、
「それだけは・・・言わないで」と言われました。
というわけで、我が家では「動物園の香り」は、禁句になりました。

それにしても、これはいったい、どういうこと?こういう品種?
台湾の人にとっては、普通の香り?頭の中が、ぐるんぐるんします。
とにもかくにも、次は、別のお米にしようと思います。

そしてこのお米、全部食べきれる自信がありません。
どうしよう・・・。もったいない。

===============================

台湾での生活は、新鮮で楽しいとはいえ、やはりここは海外。
まだ分からないことも多く、慣れるまで、もう少し時間がかかりそうです。
毎日、相当頭を使っているのか、眠るときなると、頭までぐったりです。

言葉が通じない世界にいるため、3倍ぐらい頭が苦労しているような感じです。
また、外を歩くときにも、車とスクーターの運転が怖くて、緊張してしまいます。

それでも、少しずつ家も片付き、落ち着いて生活できるようにもなってきています。
きっとあと1,2週間もあれば、もっと楽になれるはず。
それまでは、少しゆっくりさせてもらおうと思ってます。毎日に、感謝、感謝。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-ベジ・有機食材  comments(6)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 新しい生活。新しいスタート。 | main | 蚊との戦い。 >>
コメント
by etsuko at 2009/03/02 7:18 AM
ひぇ〜。動物園の香りですか?((+_+))

恐るべし台湾食事情…

日本はマクロビだけじゃなくてお肉もお魚もお水もきれいで美味しいけど、それは特別な事なんですね…

慣れるまで大変そうですが、お体大切に☆




by ameri at 2009/03/02 11:21 PM
はじまして、ちょくちょくこちらに来させていただいています!

私もマクロビを知ってから、もう5年くらいになり、玄米と野菜中心の生活をしています(でも最近はお魚もいただきますし、ゆるゆるです)

実は、私も去年の秋から上海に住んでいるんです。台湾に行かれたことを知って、少し親近感を持ちました。私も引っ越した頃ばかりは、言葉が通じないことや、道を歩くにも怖かったり、いろんな違いのある新しい環境になれなくて、毎日本当に頭が疲れているという感じでした!

5ヶ月ほど経ってやっと少しは慣れたかなという感じです。
さて、玄米の件なのですが、、、、
私もこちらに来て、中国の玄米にはびっくりしました。どれだけ、日本のお米がおいしいものなのか(有機でなくとも)、痛感しました。
中国人の方などに伺ったのですが、中国でも台湾など南の地方のお米は独特の臭いがあって、あまりおいしくないそうです。中国の北部の地方のものは、日本のお米に近い品種があり、そちらの方がおいしいそうです。
私は上海の「錦菜園」という有機野菜のブランドのお米を買っています。
(こちらのカルフールには売っているのですが、台湾にもありますでしょうか?)日本のお米が一番ですが、これ位の味だったらよしとしよう!と割り切っています。

いいお米に出会えるといいですね! お体無理されぬよう、少しづつ慣れていって下さいね。




by RIE at 2009/03/07 2:09 PM
etsukoさん、こんにちは。お米にはびっくりでしたが、台湾は、ここならではの、おいしいものもい〜ぱいあるので、いろいろびっくりしつつも、おいしいものの開拓をしていこうと思ってます。また楽しみにしていてくださいね。

by RIE at 2009/03/07 2:14 PM
ameriさん、はじめまして。上海在住なんですね。私も、なんだか親近感が沸いてきます。ちなみに私も、去年の年明けは上海でした(年末〜年始まで上海にいたんですよ)。

お米のことは、最初はまさか・・・と思って、びっくりでしたが、ameriさんのコメントで納得しました。やはりこれは、お米が持つ、独特なにおいなのですね。さすがに、今後もこればっかりは慣れそうにないので、私もおいしいお米を探してみたいと思います。「錦菜園」みつかるといいなぁ。そして、いまさらながら私も、日本のお米のおいしさを痛感しました。貴重な情報をありがとうございました!またぜひ良い情報がありましたら、教えてくださいね。

by koma at 2009/03/10 6:47 PM
はじめまして。komaと申します。
マクロビ、完璧ではないですが、数年前から主人と実践してます。
わが家ではいつも無肥料・無農薬の自然栽培の玄米を食べています。
以前、そのお米が切れてて、臨時で合鴨農法の玄米を買ってみたのですが、やはり動物の匂いがかなりしました。
主人も私もとにかくその匂いがダメで、二度と合鴨農法のお米は買うまい、と心に誓った次第です。
有機栽培・無農薬で、動物性の肥料が使われているお米も食べたことがありますが、匂いは特にありませんでした。
私が思うに、おそらく、乾燥させて匂いも無くなった動物性の肥料を使うより、生きた鴨ちゃんたちのダイレクトな糞尿で育ったお米の方が、強烈な匂いが残るのだろうと・・・。

by RIE at 2009/03/10 7:29 PM
komaさん、はじめまして。普段から、無肥料・無農薬の自然栽培の玄米をたべられているとのこと、すごいです。お米のもつ、パワーもすごそうです!合鴨農法のお米は、とてもおいしい♪と聞くこともあるだけに、私の購入したお米がたまたま台湾独特の香りがする品種だったのでは?と思ってるところですが、日本でも、komaさんのような経験をされることもあるのですね。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/562
トラックバック