子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台北でお茶をするなら、紫藤廬へ。
紫藤(台湾)

台北で、素敵なカフェに出会いました。

それは、台湾滞在2日目の夕方、
「ちょっと休憩しましょう」ということになったのですが、
「せっかくなので、お茶をするなら、おすすめの場所があります!」と言われ、
タクシーに乗り、台湾人のSさんおすすめの紫藤廬という茶芸館へ移動したのです。

ここは、台湾でも由緒ある、有名な茶芸館とのこと。
扱っているお茶もかなり本格的です。建物も、植物も、すべてが素敵です!

紫藤(台湾)

室内は、レトロ感がただよい、しっとりいい感じ。
なんだか、ほっこり落ち着きます。テーブル席と畳席があるとのことで、畳席へ。
まずは、数ある烏龍茶の中から、
Sさんオススメの曦晨泳露(阿里山茶)と白豪烏龍(東方美人)を注文。
自分で選ぶには、あまりに種類が多すぎて・・・訳分かりません。
ここはやっぱり、現地の方のおすすめを注文するのが一番!

ちなみに、このお茶、どちらもすばらしい香りと味でした。
表現が難しいのですが、重みを感じる香りと味というか、ありがたいお味でした。


つづいて、お菓子を選びます。

紫藤(台湾)

こんな風に、お店の方が運んできてくれるので、ここから自分で選ぶのですが、
ふぅ、ふぅ、やっぱり私には無理です。とても選べません。
ということで、今回もSさんに選んでもらいました。

紫藤(台湾)

結局、4人で注文したのは、烏龍2種類と、お菓子4皿。
写真の左上に写ってるのは、南瓜の種なのですが、これが、おいしい、おいしい!
前歯でパリっと噛んで種を割り、中身を食べるのですが、
おいしくって、みんなでパリパリ、ポリポリ。全員、手が止まりません。

紫藤(台湾)

一方、肝心のお茶ですが、こんな風にお湯を出してもらえるので、
テーブルの上では、常にお湯がポコポコ湧いてます。いっぱい飲めます。
お湯が足りなくなると、店員さんが継ぎ足してくれるので、常にポコポコ。
なんとも趣があって、いい感じです。

紫藤(台湾)

そしてお茶をつぐのは・・・やっぱり全て、Sさんにおまかせ♪
台湾のお茶には色々な作法(順序)があるらしく、まず、最初の1杯は捨てます。
これは、不純物などを取り除く意味もあるそうです。

そのあと、小さな2種類のカップを使ってお茶をいただくのですが、
一つは、香りを楽しむため、もう一つは、お茶をいただくためのカップです。
こりゃ・・・私一人じゃ、ぜ〜んぜん分かりません。
Sさん、ありがとうございます!熱く語り合いながらも、素敵なひとときでした。

台北でおしゃれで本格的なお茶を楽しみたい方は、紫藤廬がおすすめです♪

===================================
紫藤廬(ツートンルー)Wistaria Tea House
住所 : 台北市新生南路三段16巷1号(台湾大学、師範大学の近く)
電話 : (02)2363-7375
サイト : http://wistariahouse.com/
===================================
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-スイーツ・カフェ  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 台湾 ビーズ問屋街へGO! | main | 【寛心園】 台湾素食・精進料理レストラン >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/397
トラックバック