子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
シンガポールでナイトサファリへ行こう!
nightsafari

シンガポールの旅行記の続き。今回はナイトサファリについてです。
これからシンガポールへ行く人のために、詳しい情報を書いておきます。

シンガポールには、世界でも珍しい、夜7時〜真夜中12時までオープンする
ナイトサファリがあります。40ヘクタールの広い敷地に、
1000頭120種もの、様々な夜行性の動物が生息しているのです。

動物園好きな私は、これはもう行くしかない!と最初から興奮気味。
一方、旦那さんは「行ってもいいけど、おもしろいかなぁ」とちょっと疑い気味。

さてさて、ナイトサファリに行くには、往復ともタクシーが一番便利です。
市内から動物園まで、約20〜30分。料金もS$15〜20(1100〜1500円)程。
※帰りも、タクシー乗り場に何台もタクシーがあるから安心ですよ。

せっかくなら、暗くなってから行きたかったので、
私たちは市内を7時15分ぐらいに出発して、7時40分ぐらいに到着しました。
タクシーの運転手さんにも「ナイトサファリ」といえば、ちゃんと通じます。
nightsafari

到着したらまず最初にチケットを購入。ところがビックリ。
値段が大幅にアップしてました。ガイドブックに書かれた価格の1.5倍です。
今は、大人一人の入場料が、税金込みでS$22、トラム乗車券がS$10。
つまり、一人当たりS$32なのです!日本円で2400円。そうかぁ。

チケットを購入するとき、日本語用の案内をもらうことができるので、
そこでショーの時間も確認します。

今は、ボルネオ・トライバルダンス(火を噴くダンス)が、7pm・8pm・9pmに、
クリーチャー・オブ・ザ・ナイト・ショー(アニマルショー)が、
7:30pm・8:30pm・9:30pm・10:30pm(←これは金土祭日の前夜のみ)です。
どちらのショーも約30分です。

7時40分頃にナイトサファリに到着していた私たちは、
本当はどっちのショーも見たかったけど、時間的に両方は無理だったので、
8:30pmからの、アニマルショーを見ることにしました。
というのも、チケットカウンターで「30分前には並んでいるほうがいいよ」
と教えてもらったからなのです。※確かにすごい人が並びました。
でも、満席で入れないということはないと思います。途中入退場はできません。


でもその前に、ショーの後、すぐにトラムに乗れるように、
日本語トラムの予約カウンターで、トラムの予約だけはしておきました。
日本語トラムの本数は少なめですが、空き空きなので、おすすめです。
一方、英語トラムは、しょっちゅう出発しているのですが、かなり混んでます。
※私が予約したのは、ショーの後に出発する、9:20pm発のものでした。

nightsafari

さて、これがショーの会場。600人が収容できるだけあって、思ったよりも大きい!
前の方に並んでいた私たちは、どの場所にも座れる状態だったので、
思い切って、中央付近の一番前の席に座りました。

このショーは、どの席からでも楽しめるように、色々な工夫がされています。
※それでも、やっぱり前の方が動物に近くておすすめです。

このショーは、ナイトサファリにきたからには、見る価値があります。
詳しいことはあえて省きますが、楽しかったぁ♪子供にも大人にもおすすめ。

nightsafari

アニマルショーの後は、トラムに乗って、動物園をぐるっと1周。
すきっすきのトラムでしたが、せっかくなので一番後ろの席に座りました。
後ろの席は、シ〜ンとしている夜のサファリの雰囲気が味わえて、
時々後ろを振り返って、暗闇を眺めるのも、またよいものでした。

ちなみに、あえて「右側の席か左側の席か」と聞かれれば、右側がおすすめです。
でも、どちらに座っても、いろいろな動物を見ることができます。
ただ、トラムの進行方向を考えたとき、右側の方で見られる動物が多かったです。

暗闇サファリの中を、静かに進み、動物の様子を覗き見るトラム、
最高でした!これは、また行きたいぐらいです。
※カップルなら、ロマンチックな雰囲気にもなれます。たぶん。

nightsafari

1時間のトラムが終わったら、今度は歩いて回ります。
アニマルショー → トラム → ウォーキング、の順番が一番おすすめ。
しかし、実際にはトラムだけ乗って帰ってしまう人も多いようで、もったいない。
せっかくなので、歩いた方がいいです。トラムとはまた違う楽しみが待ってます。

本当に面白い!ちょっと長い距離を歩くから、最後の方は足が疲れたけど、
そんなことより、面白くって、私はずっとニコニコ。
歌いながら歩いてたりもしました。


だって、すぐ近くに、ハイエナがいたり、サイがいたり、ライオンがいたり。
しかも、檻に入ってるんじゃなくて、動物も人も、お互いが、
本当にジャングルにいるかのようなつくりになってるから、
動物の生態を、見つからないように、こっそり覗き見してるかのような感じなのです。

すばらしい!!

nightsafari

一番幻想的で美しかったのが、このキリンの様子。
キリンの側には、シマウマもいました。
薄明かりに照らされて浮かび上がる動物たちの姿、本当に美しかったです。

これを観れただけで、来たかいがあったぁって思うほど。
これはトラムからでは見えない風景です。ぜひ歩いてみてくださいね。

nightsafari

これで、シンガポールのナイトサファリの紹介は終わりです。
ぜひ、動きやすい格好で、夜のサファリを探検してみてください。
結局、旦那さんも大満足でした。すばらしい動物園です。Thank you.
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(2)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 幸せな出来事。幸せな映画。 | main | シンガポールでベジタリアン料理 【7sensations】Part.2 >>
コメント
by あも at 2008/05/16 10:53 AM
こんにちは!
私もナイトサファリ行きました!アニマルショー楽しかったです!まだ毛むくじゃら君の綱渡りはありましたか?夜の動物園を散歩できるなんてめずらしいからいいですよね♪
昼間のZOOもとってもよかったです!檻がなくて、つくりがすごく工夫してありました。シロクマやチンパンジーのえさやりを見たり、ゾウのショーを見ました。ゾウにバナナをあげる体験もしました♪すごくかわいかったです。機会があったら行ってみてくださいね☆

by RIE at 2008/05/17 4:04 PM
あもさん、こんにちは。「毛むくじゃら君の綱渡り」ありましたよ♪いろいろ工夫されていて、とっても楽しかったです。
昼間の方動物園(ナイトサファリの隣の動物園)は、私が昼間は直射日光を当たらないように気をつけていたため、行くことができませんでしたが、いつかチャンスがあったら行ってみたいなぁと思います。ゾウにバナナ、私もあげてみたいです!

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/338
トラックバック