子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
シンガポールでドイツを読む。
Germany

最近書いてるシンガポール旅行記とは、ちょこっと内容がズレます。
これはドイツのことが書かれた本です。でも、シンガポールに持って行きました。

読書大好きな私ですが、実は、旅行中は全然本が読めません。
いつもたくさん本を持っていくのに、なぜか全然読めてない。

最近その理由が分かったのですが、旅先で本を読める時間があったら
私は現地のガイドブックや情報を、何度も何度も、読んでたのです。
だから本を読んでないわけではなく、ガイドブックを読んでいた、というわけです。

しかし今回は、なぜかシンガポール旅行にこの文庫本を持っていき、
機内にも持ち込み、ホテルでもこの本だけは読んでました。
夜にホテルのベッドの上で、この本を読みつつ、
シンガポールに来てるのに、なんでドイツの本やねん」なんて
内心、自分で自分に突っ込みを入れてました。

どう考えてもおかしい。

と思っていたら、今日、謎が解けました。
これにも、不思議な縁があったのです。

私に関係する、とある重要人物が、
今、ドイツのミュンヘンにいることが、今日突然判明したのです。
家族もみんなびっくりの人物。

そして私も、「だから私は、この本をずっと読んでたのね」と納得。
ちなみにこの本、著者はドイツのミュンヘン在住。
ミュンヘンについても、詳しく書かれてます。なかなか読み応えのある本で、
本を読みながら、思いがけずドイツに行きたくなってる自分に気づきました。

というわけで、体が元気になったらドイツに行こう!
またワクワクしてきました。

<心のつぶやき>
それでも、一方で寂しくて涙が出そうになることもあるのです。
でも、みんなが幸せになってくれることは嬉しいことなのです。妹よ。
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< シンガポールでベジタリアン料理 【霊芝素食館】 | main | シンガポールでベジタリアン料理 【Annalakshmi】 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/332
トラックバック