子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
シンガポールの格安ホテル(South East Asia Hotel)
South East Asia Hotel

シンガポールのホテルは、時期によって値段がぐっと上がります。
冬は安いようですが、春からぐぐっとUP。

というわけで、シンガポールの安いホテル探しは少々苦労しました。
それゆえ、どなたかの助けになればと思い、ブログに掲載しておきます。

もともと私も旦那さんも、旅の中身さえ充実していれば満足なので、
いいところ(高級ホテル)に泊まろうという気は全然なく、
例えば、1泊2000円ほどのドミトリー(相部屋)でも平気なタイプなのですが、
この2年、私の体調がよくないため、体調を優先に考えて、
ある程度のレベルのホテル(といってもやっぱり格安ですが)に泊まるようにしてます。

そして今回宿泊したのは、リトルインディアやアラブストリート、
マリーナセンターも徒歩圏内の、なかなか便利な立地にある
South East Asia Hotel(サウス・イースト・エイジア・ホテル)(写真上)
でした。MRT最寄り駅は、BUGIS(ブギス)駅。駅からは徒歩5分ほどです。

ブギス駅にあるモールには、食品スーパーも、インターネットスペースもあり、
なにかと便利な場所だったので、気に入ってます。

さて、今回も長くなるので、続きはこの下に・・・・
閑散期は約5000円で泊まれこともあるらしいホテルですが、残念ながら
今は繁盛期なのでSuperior twin roomが1泊 S$110(約8300円)。
これでも私にとっては高めですが、この時期のホテルでは、かなり安い方でした。
これを下げると、他にあるのはラブホテル兼用のホテルぐらいになってしまうのです。

ちなみに、今回はホテルのWEBサイトから、直接メールで予約しましたが(英語)
他の予約サイトからでも、同じ値段で予約できるところもありました。

※クレジットカードは使えません。現金のみ。
※一応朝食つきですが、内容は乏しいもののようです。パン+おまけ程度。
 結局、私は一度も食べに行きませんでした。


Superior twin roomは、このホテルで下から2番目のランクです。
一番下のランクの部屋は、満室でした。でも部屋のマップを見ると、
かなり狭そうだったので、Superior twin roomでよかったなぁと思いました。

South East Asia Hotel

私たちが泊まった部屋は、3階の34。WaterLoo Streetに面した部屋です。
ホテルの隣が、有名なKwan In Temple(観音堂)で、
道路向かい側は、これまたちょっと有名なホーカーズ(屋台の集まり)だけあって、
朝からかなりザワザワと、色んな音が聞こえてました。でもそれもまた有り、有り。

South East Asia Hotel

あっ、ただ、毎朝廊下のどこかから、
かなり強いドン、ドンという音が聞こえてくるのだけはきつかったです。
ドアが思いっきり閉まったような音です。

部屋は、クローゼットも広く、全体的に余裕のある広さでした(私たちにとっては)。
クーラーがなくて、ファンだけだったので、昼間の暑さが不安でしたが、
窓は遮光ガラスになっていて、カーテンも遮光性があるらしく、
つねにちょうど快適な温度だったので、これまたびっくり。南国の知恵のようです。

部屋の備品は、安そうなシャンプーと石けんが机の上に乗っていました。
あと、ドライヤーは机の引き出しの中に。冷蔵庫は、小型が1個。
あとは、ポットとカップ&ソーサー、コップが2個ずつ。テレビは、小型1個。
バスタオルが2枚。これだけです。

※タオルは正直、もうちょっと欲しい。私はフェイスタオルを2枚持参していたので
 まだいいですが、何もない場合、バスマットもないので、少し不自由です。


South East Asia Hotel
※写真の鏡に、旦那さんがちょこっと映ってます。心霊写真ではありません。

これは、ちょっと驚きのバスルーム。シンガポールはこんなものなのだろうか??
洗面台とトイレの間に、何の仕切りもなく、シャワーがあります。
ちょっと苦笑いしてしまいましたが、これも案外問題なく使えました。

※お湯の出が悪くても、辛抱強く待てば、いつかお湯が出ます。
 でも、南国だけに、水でもなんとか使えます。水質もよいです。


ホテルの従業員は、みんな感じがよかったです。
そうそう、今回5泊宿泊したのですが、支払は何回に分けてもいいようです。
でも、一度払ってしまうと、キャンセルしても戻ってこないそうなので、
念のため、2泊、2泊、1泊に分けて支払いました。

South East Asia Hotel

ちなみにこれ(↑)、部屋にかかっていた絵です。
ワケが分かりませんでした。

補足
South East Asia Hotel(サウス・イースト・アジア・ホテル)のHP
※ホテルにはエレベーターがついてます。
※空港に行くときには、前日の夜にタクシーを頼めば、呼んでおいてくれます。
※一般タクシーの運転手も、このホテルのことを知らない人がほとんどです。
 そんなときは、隣のKwan In Temple(観音堂)までと伝えた方がいいです。
※部屋の中に、小さな虫(1mm)がたくさんいました。気にしない、気にしない。


  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< ユナイテッド航空のベジタリアンミール | main | シンガポールでベジタリアン料理 【7sensations】 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/329
トラックバック