子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【マクロビ&ベジ食】お友達は、我が家の食卓が気になるみたい。

macrobioticfood (2).JPG

仲良くなったお友達に、うちの食のことを話すと、次に聞かれるのが「じゃあ、いつも何を食べてるの?」「野菜しか食べてないの?」ってこと(笑)

 

いやいやいや、いろいろ食べてるよ〜。でも、いざ説明しようとすると、何から話していいか困ってしまう自分が残念。

 

以前、何年も体調が悪かったときは、マクロビティック&玄米菜食を厳格にしていたものの、子供たちが生まれ、体調もよくなった今、かなりゆるくなってます。

 

macrobioticfood (3).JPG

基本は、マクロビ・旬の食材・ベジ・オーガニックのままだけど、それより、食の楽しみを家族で共有したい、食も含めていろいろな経験をさせてあげたい、という思いもあり、普段と違う食も、命に感謝しながらおいしくいただく機会が増えてきました。

 

この数年、こどもたち・仕事・家庭が最優先だったので、ブログをゆっくり書く余裕もなくなっていたのですが、料理の写真が出てきたので、紹介してみますね。

 

どれも、マクロビオティック・ベジタリアン食が中心の、おいしいお料理いっぱいです。

 

macrobioticfood (1).JPG

これは運動会のとき。姉家族と一緒に食べたから、とても豪華。唐揚げは、大豆たんぱくの唐揚げ♪

 

macrobioticfood.JPG

これは実家で開催した誕生日会。ろうそく1本立ってるから、姪っ子の誕生日だったかも。母の手作りの料理は、いつだってとてもおいしい。こんなふうに実家でみんなが集まるときは、ポットラックパーティーのようにそれぞれが料理を持ち寄りすることが多いです。

 

みんな、食に関しては基本が同じだから、こどもたちもみんなが安心して食べれるのが嬉しい。

 

macrobioticfood (4).jpg

これは札幌に帰省中に、義妹が作ってくれたケーキ♪

 

白砂糖、牛乳、バターは入ってないけど、愛情はいっぱい。子供たちも大喜び。デコレーションは、豆腐クリーム&クッキーをたっぷりと。

 

これはある日のお弁当(保育園児用)。豆乳グラタンとか、大学芋とか。もうちょっと彩りの良い日のお弁当を撮っておけばよかった〜。

 

マクロビのお弁当は色味がちょっと地味になってしまうことがあるので、そこは、ミニトマト入れたり、お弁当カップやピックで工夫したり。

 

最近は、かなり手抜きのお弁当になってしまってるものの、それでも「おいしかった!」と言ってくれる子どもたちよ、ありがとう。

 

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     マクロビ&べジ  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 田舎だからこその楽しみ。でも、周囲のお母さんは・・・ | main | 2018年夏の前半戦、パワフルボーイズとの過ごし方 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1548
トラックバック