子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
田舎だからこその楽しみ。でも、周囲のお母さんは・・・

IMG_6932.JPG

しばらく期間があいてしまいましたが、子どもたちはすくすく成長しています。あっという間に5歳と7歳!

 

そして、木々も子どもたちもウキウキしてくるこの季節、うちのボーイズは、平日も土日も関係なく、タモと時間さえあればカエル捕りに、ザリガニ捕り。

 

(あとは、とうとうポケモンカードにハマってしまいました。友達とカードゲームしたりカード交換するのが、めちゃくちゃ楽しいそうです。カードは、家のお仕事して貯めたお金で買っているので、目をつぶってます。)

 

IMG_6936.JPG

最初は全然捕れなくて、かなりサポートしていたものの、自力でもかなり捕れるようになってきて、頼もしい限り。ママを追い抜く日が本当に楽しみ。

 

カエル捕り、ザリガニ捕り、セミ捕り、に関しては、私の腕前かなり高いのです。熟練の業。でも、そんなこと言っても、今まで誰も相手にしてくれなかったけど、今、子どもたちから「ママすごーい!」と褒めてもらえるから、すっごく嬉しい。

 

IMG_6945.JPG

カエル16匹に、卵もごそっと収穫できて、みんなでほくほくで帰宅。結局、平日だけど夜7時頃まで外で遊んでました。田舎だからできること。

 

でも、周りのお母さん方も、子どもたちも、生き物を触れない子が多いのです。「すごい〜」と声かけてくれるお母さんに、よかったら今度一緒にどうですか?と声かけても、「いえいえ、結構です〜。苦手なんです〜。」と断られちゃう。

 

IMG_6950.JPG

これはその翌日の収穫。違う場所で、ザリガニと魚たちをがっぽり。子どもたちの知識もだんだん増えてきて、「これはニホンザリガニだね」「アマガエルだね」とか言えるようになってきて、嬉しいかぎり。

 

保育園に持っていくと、みんなが「今日は何持ってきたの?」「すごーい!」と集まってきてくれるのが嬉しくて、毎日何かを連れていく次男。

 

我が家の玄関には、カブトムシの幼虫26匹が、羽ばたく日を夢みてもぞもぞしているし、まだまだ生き物たちとのふれあいは続きそうです。

 

(ただし、私も、蛾と毛虫と蚊だけは苦手です。近くにこないで〜!)

 

 

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     こどもの成長記録  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 【エストニア】おもわず毛布を買ってしまったの巻 ウール100% | main | 【マクロビ&ベジ食】お友達は、我が家の食卓が気になるみたい。 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1547
トラックバック