世界各地で、楽しくマクロビオティック生活 by ちいさな探検隊R


CALENDAR:
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SEARCH FOR:
CATEGORIES:
ARCHIVES:
無添加、有機野菜の通販
無添加、有機野菜の通販
おいしい有機野菜の宅配
おいしい有機野菜の宅配
1958円分がレンタル無料!
ツタヤ
MOBILE:
qrcode
<< 子供の目線 台北101 | main | 【台北】子連れ台北2016 ゴールデンウィーク編 >>
子連れ旅行 機内編
small-IMG_0005.jpg
子連れで飛行機に乗ってきた回数は、もう何十回にもなるけれど、何度乗っても、子連れフライトはほんとに大変で、毎回苦労してます。特にわが子たちは、機内でも元気いっぱい。たった1時間半のフライトでさえ、子供の相手と周囲への気遣いで、いつも相当体力気力を消耗してます。
わが子たちは、とにかく寝ない。

空港に着くまではできるだけ起こしておいて、さらに空港で思いっきり遊ばせても、フライト中にめったに寝ない。95%以上の確率で起きてる…。(機内でよく寝る子が相当うらやましい〜)

そんな私がやってること(一部)。
1)できるかぎり、空いてるフライトを選ぶ。
2)チェックインのとき、できるだけ周囲が空いてる席に移動できないか聞く。
3)到着時のベビーカー貸し出しを依頼しておく

子どもの数=大人の数、だったら、まだなんとかなってたことも、寝ない&じっとしてない&ずっと相手してないといけない子どもの数>大人の数になると、かなりきつくなりました。(同じ境遇のママさん、大変ですよね。がんばりましょうね…。)

さて、一番上の写真は、今回の機内持ち込み小道具の一つ。ラミネート加工した写真に、マスキングテープを貼ったもの。みんなの顔をテープで隠してあるので、子供たちはせっせとテープをはがして喜んでました。

こんな小道具も、もって10分なのだけど…。でも、その10分の過ごし方がものすごく大変なわけで。また次回も使えるし。そんな小道具をいつもたくさん機内に持ち込んでます。おかげで私の機内持ち込み荷物、相当重い。


(そしてホテルのベッドで飛び跳ねる息子たち…)

と、実はこれは半年前に書いてた記事。今回、年末年始の台北フライトでびっくり。まさかの、今まで一番「楽」なフライトでした。

上の子が5歳になり、下が2歳9か月になり、聞き分けができるようになったことが大きい!とはいえ、やっぱりいろんな遊び道具は持ち込んだし、親はまったく休めなかったけれど。大泣きしたときかの緊急時に備えて、新しいトミカも隠し持ってた(ほんとにどうにもならないときに出そうと思ってた)けど、出さずに済んでホッ。

やっぱり、子供たちが騒いで大変な時期も、数年のことなんだろうなぁ。そんな大変な時期も大切にかみしめつつ、わが子たちの成長を見守っていけたらと思っています。

今日もたくさんの幸せをありがとう。

 
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ ←いつも応援クリックありがとうございます!   


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     国内-子連れ  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1527
トラックバック