子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【Stockholm】ストックホルムの地下鉄アートを観に行こう!
Sweden2015 (247).jpg
ストックホルムで楽しみにしていたことの一つが、地下鉄アート巡り。(写真はT-centralen駅)

詳しいことは、「ストックホルム 地下鉄 アート」等ですぐ検索できると思うので省きますが、ストックホルムの地下鉄ホームは、各駅ごとにデザインが異なっていて、それがすっごく面白いのです。各駅で全然違う雰囲気だなんて想像するだけでワクワクしてくる〜。
 
Sweden2015 (170).jpg
最初に行った駅。もうどこだったか忘れてしまったけど・・・最初に見たこの雰囲気で、すでに興奮&期待度マックス。

Sweden2015 (211).jpg
ストックホルムの全地下鉄の駅、というわけではないと思うので、事前チェックがおすすめ。私は、2日に分けて、ブルーライン(T10とT11)、レッドライン(T14)を中心に見てきました。

Sweden2015 (198).jpg
地下鉄はだいたい10分間隔にくるので、1駅の滞在時間も約10分。でも、3駅見ればあっというまに30分経ってしまうわけで・・・最後はもう時間が足りなくなって、地下鉄に乗ったままの通過見学になってしまったけれど、それでも観れてよかった!と思った。

Sweden2015 (215).jpg
地下鉄アート巡りにおすすめなのは、動きにくい雨の日、早朝&土日の夕方以降などの、お店が閉まってる時間。これだと、短いストックホルムの滞在時間でも、有効に時間を使いやすいと思う。

Sweden2015 (239).jpg
そして、おすすめの見方は、とりあえず終点の駅まで行ってみること。行きに、車窓から各駅をチェックしておいて、ここは絶対に降りて観たい!と決めた駅だけに絞って降りるのが良かったです。

Sweden2015 (323).jpg
ときどき、ハっと息をのむほどに素敵な駅や瞬間があって、ただただ呆然としてしまう。

Sweden2015 (320).jpg
一瞬、自分が、世界のどこにいるのかも、分からなくなるほどに。

Sweden2015 (427).jpg
だけど、暮らしてる人にとっては普段の当たり前の景色だから、私みたいにうろちょろしながら見学して写真撮ってる人は、他に誰もいなくて、逆に珍しそうに見られるほど。

Sweden2015 (429).jpg
出し巻き卵の中みたいだ・・・と思わずつぶやいてた駅。黄色くてふわふわに感じる。これはこれで好きだった。たしかT11のAkalla?

Sweden2015 (441).jpg
もうここも、すごいの一言。どうしてこんな色使いができるのー!多分、T11のSolna centrum。

Sweden2015 (448).jpg
いつか子どもたちにも見せてあげたいと思った。規則正しくみんな同じように作られてる駅より、なんと面白いことか。一駅ずつ違ってていいんだ、みんな違ってていいんだ、って思う。

ストックホルムの観光で、地下鉄巡りはとってもおすすめです。こんな街で、もっと長く暮らしてみたい。

※私の旅、ストックホルムの地下鉄アート巡りは、大好きな友人のブログ「地球の旅の音」の「Day16:ストックホルム地下鉄アート巡り」がとっても参考になりました♪ありがとう!
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】スウェーデン  comments(2)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 【Stockholm】ストックホルムの中心地でアパート暮らし | main | 【Stockholm】ローゼンタールガーデンで最高の青空ランチ ROSENDALS TRADGARD >>
コメント
by Emiko at 2015/09/28 8:23 AM
Rieさん、この素晴らしい地下鉄駅のアートを紹介下さって有難う☆ スエーデンのモザイクのアーティスト家族(奥様は日本人)が昔我が家に遊びに来た時の話を思い出しました。彼は地下の壁画制作のため、寒い場所でで来る日も来る日もモザイクの1片1片を埋め込んでいると。その時はビルの地下と思い込んでいたのですがこれだったのですね☆ 美術館の中でなく不特定多数の人が常時通る地下鉄の駅が美術館なんて何て素敵なのでしょう。商業宣伝でなくアーティストの魂からのメッセージが駅にある、なんて愛のある社会、子供たちに見せたいです☆

by Rie at 2015/09/28 9:49 AM
Emikoさん、

スウェーデンの地下鉄は本当に素敵でした。こんな世界があるんだと知れただけで幸せだなぁって思えるほどに。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1505
トラックバック