子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
2歳のこだわり
small-IMG_9522.jpg
大物になるんじゃないかと噂されてる次男、2歳3か月。ものすご〜くパワフル&主張が強い!私はすっかり、ふりまわされています。この絵みたいに、私もぐるんぐるん、びゅ〜ん、と・・・。
 
small-IMG_9498.jpg
最近のこだわりが、片方ずつ違う靴を履くこと。こっそり、ちゃんとしたペアに直しておいても、違う!と言って、これにもどっちゃう・・・。

先日も、「お母さん、靴を間違えましたか?」と聞かれたのですが「いっ、いえ・・・この子のセンスで・・・」と私。これでよいよい!こんなことできるのも今のうちだけだ。

しかし、そうだよね。靴のデザインが左右揃ってないといけないなんて、誰が決めた?左右バラバラも素敵じゃない。(ただ、歩きやすいかどうかは・・・)

small-IMG_9510.jpg
いとこのこっちゃんのクマのぬいぐるみ。遊びに行ったとき、抱っこして離さなくって、そのまま譲ってもらってきちゃった。それからずっと大事にお世話中。靴や靴下履かせたり、ごはんあげたり。

small-IMG_9717.jpg
また別の日は、水たまりで飛び跳ねた。ジャブジャブ。長靴、水でダプダプ。しかも最後は、靴下になって飛び跳ねた!

ウギャー!と思ったら、まだ終わってなかった。最後は、水に浸かったぜ・・・。オーマイガー。30分もこんなことしてたから、水たまりの水も、すっかりなくなってしまった。

「キャー、今日だけはやめてー」って懇願しても聞きやしない・・・。もう最後は、風邪さえひかなれば、の諦めの境地。やるなら、どーんとやりなされ。

small-IMG_9625.jpg
祖母と梅拾いに行く子供たち。なんと平和なことよ。ありがとう。

子供たちをみてると、この子たちや、また次に続いていく子供たちが、戦争に行くような世の中には、決してなってはいけない、と強く思う。小さなころから、両方の祖母から戦争の悲しさをたくさん聞いて育った私。戦争だけは、何があってもいけない、と思う。

今年になり、当たり前のように、ずっと側にいてくれると思ってた祖父を突然亡くしてから、余計に、家族みんなが笑って、こうして生きていられることの幸せさを感じながら過ごしてます。



 
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     こどもの成長記録  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 日が暮れるまで | main | 食べ物のこと ゆるマクロビ生活 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1496
トラックバック