子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
台湾 年末年始子連れ旅
small-2014-01-01 2014-01-03 001 081.jpg
最近、とうとう3歳の息子が昼寝をしなくなり、その分少し早く夜寝てくれるようになったものの、常に元気100%の甘えん坊ボーイズ。私も疲労MAXで、寝かしつけては一緒にダウンしてしまう毎日です。

今までは、なんとか昼寝させようとがんばってきたのだけど、えぇ、もうどうがんばってもダメになりまして…。彼も順調に成長してくれているようで、うれしいやら、なんやらかんやら〜。

さて、年末年始の台湾旅行。ささっとご紹介。

 
small-2013-12-31 2013-12-31 001 039.jpg
大好きなパン屋さん、日光大道健康廚坊 SonnentorCafeでパンを買ったら、こんなおしゃれな袋に入れてもらえて嬉しかった〜。こういうの楽しい。

small-2013-12-31 2013-12-31 001 044.jpg
以前住んでいたマンションのすぐ近くにある、有名なパイナップルケーキのお店、微熱山丘SunnyHillsでお土産購入。お店に行くと試食1個&お茶を出してもらえるので、やっぱりうれしい。しかも、赤ちゃんの分まで試食がもらえちゃう。どうみてもまだ食べれる年齢じゃないのだけどね。

そうそう、微熱山丘が日本でもOPENしたのです。しかも、南青山の一等地のすごい建築のお店。超有名な建築家によるものらしいのだけど、私には、建築中?と思ってしまうようなデザインで・・・私のセンスがないんだろうな。自分に残念。

ここのパイナップルケーキ、たしかにおいしいのです。しかし、日本価格は1個300円と、台湾価格の約3倍。どうなるの?本当にその価格が日本で受け入れられるの?と今後の展開に興味津々です。

small-2013-12-31 2013-12-31 001 047.jpg
その微熱山丘SunnyHills@台北のお店のすぐ前には、大きな公園があり、遊具も充実。ここで子供を遊ばせるのもおすすめ♪

small-taiwan2 (1).jpg
そういえば、こちらも超有名なパイナップルケーキのお店 佳糕餅ChiaTeも、年末年始は大行列でした。こちらもたしかにおいしい。好みにもよるのですが、どちらかというと、微熱山丘はパイナップルそのものの味が強く、佳糕餅は全体的なバランスがよい感じ。どちらもお土産で喜ばれます。

そうそう、こんな大行列でも、朝一と夜遅くは空いているのですぐ買えます。行列に並んで時間を浪費するより、空いてる時間に行くのがおすすめです。

small-2014-01-01 2014-01-03 001 094.jpg
今回の台湾滞在中に購入したもの。やっぱりカードが好きで買っちゃった。台湾のカードは安い、楽しい♪

small-taiwan1 (12).jpg
息子の時間つぶし用に購入したもの。ペーパークラフト。レストランで、大人たちがご飯を食べてる間、これで遊んでいてほしい、との強い強い願いを込めて。なんとか成功。でも作るのは大人担当でけっこう大変だった(笑)。

これは大潤發RT-MARTで購入。大潤發の絵本やおもちゃコーナーは小さ目だけど、探せば面白いものが見つかるので、毎回必ず最初に行きます。いつも行くのは、街中にあって行きやすい大潤發(中崙店)

small-2014-01-01 2014-01-03 001 008.jpg
カウントダウンで、ホテルの部屋から見た花火。

今回も、前回と同じく、京華城すぐそばの力麗哲園商旅というホテルに泊まりました。でも、やはり(tripadvisorの評判でもわかるように)サービスはよくない…。チェックイン時も、部屋のクリーニングが終わってるのに、午後3時までは絶対に入れてくれなかったり、受付の人の笑顔が全然無くて冷たかったり。

で、案の定、日本人には全然人気のないホテル。中国人旅行者が多いです。日本人が多いのは12月31日ぐらいかも。カウントダウンのある台北101まで、なんとか歩ける距離だから、大みそかは人気です。で、値段も急激UP。

でもなぁ、たぶん、もうここには泊まらないかも…。位置は好きなんだけどな。屋上の洗濯&乾燥機が無料で使いたい放題は、本当に助かるんだけどな。

small-2014-01-01 2014-01-03 001 041.jpg
車大好きな息子が選んだのは、台湾のゴミ収集車。金興發生活館(雑貨屋さん)で車を1個だけ選んでいいよと言ったら、これになりました。台湾のゴミ収集車は、「エリーゼのために」を流しながらやってくるのです。なのでこの車も、ボタンを押すと、ピカピカ光りながら、エリーゼのためにが流れます。彼のお気に入り♪

そういえば、台北滞在中、ゴミ収集車を間近で見学していたら、ゴミ収集車のおじさんが、あまりに真剣に&嬉しそうに見ている息子を見て、ゴミ収集車のボタンを押させてくれたのです。ボタンを押すと、ガー!とゴミの圧縮開始。息子3歳、大興奮。おじさん、謝謝。なんてこともありました。

small-012.jpg
そして台北の公園。台湾の遊具はかなり派手。台北は建物が密集してるので、公園を見つけるのはちょっと大変なのだけど、探すとけっこうあちこちに公園があって、たいていこんな派手な遊具があります。

しかも地面が土じゃなくて、衝撃吸収するマット?みたいな場所も多いので、安心は安心。逆を言えば、土や緑などの自然に触れ合う機会は全然ないけれど。

赤ちゃんの頃はよかったけど、子供がある程度大きくなってきたら、やはり台北の中心部で暮らすのは難しいかも、なんて思いながら街を歩いてました。車やバイクがビュンビュンくるから歩くのも危ないし、空気もあまりよくない。子どもをのびのび育てるのはかなり大変。きっと、あのまま台北暮らししてたら、環境の良い天母エリアに引っ越さざるをえなくなってたかもしれないなぁ、と。

それでも、やっぱり台北は大好きな街。暮らすことはなくなったけど、時々こうして訪れるのを楽しみにしています。きっと、これからも。また行こう。
 
  
ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-お出かけ・体験  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< わんぱくボーイズ成長中 | main | こどもって、すごいや。 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック