子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
ハワイ往復、JALもよかったよ。
Airplane5.jpg
ハワイ10日間。これは帰りの空港で、じっと外を観察している息子。

利用したのは、ハワイアン航空ではなくJAL。ちょっと残念。でも、一番乗りたかったのはANA。8ヶ月前、ちょうど彼が1歳になるとき、アメリカ往復で利用したのがANAだったのです。超格安航空券なのに、運良くANAが取れたのですが、これがびっくり。子連れにとって、ANAは最高でした。感激もの。その感動が忘れられず、今回もANAに乗りたかったけど、残念、ハワイ直行便がなかった・・・。

でも、JALだって素晴らしかった。

いろいろ節約してる様子はあったけど、やっぱり日本の航空会社だけあって、サービスはとてもよかったです。CAさんたちもとっても優しい。という、今回のフライトのことを、自分のメモもかねて、忘れないようにここに書いておこうと思います。


予約時に気をつけたのは、
・バシネット席をリクエストしておく(特に、ハワイ路線は子どもが多いので要注意。バシネット予約は早いものがち。)

出発前に気をつけたのは、
・早めに空港へつくようにして、空港のプレイスペースで存分に遊ばせる
・乗る直前に、リラックスできる服に着替える(思い切って、下はパジャマを着せました)

そして彼は、行きは深夜フライトだったこともあって、ほとんど寝てくれました。が・・・帰りは、真昼間だったため、ほとんど寝てくれませんでした。やっぱり寝てくれないとキツイ。

Airplane2.jpg
さて、問題の彼。もう無理かと思いましたが、バシネット(ベッド)におさまりました。もうぎりぎり。バシネットの有無、その制限などは、航空会社によって全然違ってきます。DeltaだったかUnitedだったかは、床にそのまま置く箱みたいなのしかなく・・・そんなのに寝かせたくなくて利用しませんでした。しかも、普通の座席の下(全く余裕がない)に置かされるの。まるで荷物用の箱にしか見えなかった。アリエナイヨ。

JALのバシネットは10.5キロまでOK。そして9キロ強の彼、ちょっとはみ出たりもしてたけど、なんとか収まって、ほんと一安心。おかげで行きはラクだったなぁ。帰りは1時間も寝てくれなかったけどね・・・。

子連れのフライトで、とにかく何より心配なのが、狭い機内で、大声で泣いて他のお客さんに迷惑をかけること。どうしてもそれは避けたいので(きっと、誰もがそうだと思うけど)、毎回、できうる限りの準備をして乗り込みます。

手荷物の半分以上が子どもの物。念のため着替えも2回分、寒さ調節用の上着、オムツ、タオル、新しいおもちゃ、お菓子、飲み物、おにぎり、折り紙、水で色を落とせるペン、新しいシール絵本 etc.

最後の手段用に、ノートパソコンに動画も用意。ただこれ、音を出せないから、子どもが小さすぎるとちょっと難しかった。やっぱり音無しは楽しみも半減の様子。ある程度の年齢になれば、ヘッドフォン使えるのだけどな。

Airplane1.jpg
さてさて、これは秘密兵器1号。旅行前に、こつこつ作っておいたもの。

息子の大好きな車の広告を集めて、切って、厚い用紙に貼っただけなのだけど・・・よ〜くみると、車に彼が乗ってます。おっと、旦那さんも乗ってます。写真を貼っただけなんだけど、喜んでくれて=時間が少しかせげてよかった!

Airplane3.jpg
秘密兵器2号。こんなのも作ってました。もう、ほんと、こつこつ、こつこつ。きっとびりびりにされちゃうし、できるだけお金をかけたくないから。タダで作ったものなら、ビリビリにされても、アララ〜、アチャチャーって、一緒に笑っていられる♪

Airplane4.jpg
めくると、ママと僕。他にも、いろんな家族の写真がいっぱい。こちらは、車以上にお気に召してくれたようです。よかった!


他にも思い出したら、追加で書き加えていこうと思います。

それにしても、小さな子連れの旅行は、日本の航空会社が本当におすすめ!多少値段が高くなっても、安心度がぜ〜んぜん違う。何かのときの対応も全然違う。今回のチケットを選ぶとき、アメリカ系航空会社の若干安いフライトがあって少し悩んだけど、JALにして本当によかった。

今までたくさんの格安フライトに乗り、旅慣れてるはずの私でも、心からそう思う。子どもがいなかったときは、値段最優先だったけどね・・・。



気をつけないといけないこと(次回のためにもメモ)

赤ちゃん用の液体類は、赤ちゃん用と説明すれば持ち込めるものの、ペットボトルに入れた水はNGでした。水筒に入れたお湯(ミルク用)はOK。ペットボトルはペットボトルでも、「赤ちゃん用」と表記してあるペットボトル容器だったらOKだったらしい。←よく、赤ちゃん本舗とか、西松屋とかで売ってるよ。または、明らかに赤ちゃんが使うと分かる容器(小さなストロー付き水筒)に入った飲み物はOK。

※ただ、未開封の飲み物以外は、液体チェックはされます。人が匂いをかぐとか、紙で検査とか。
※これは国際線の話です。国内線は液体制限はないです。

・おっと、もう一つ、大事なことを。ハワイ線は、帰路の預ける荷物重量チェックがかなり厳しいです。1度目のハワイも、今回2度目のハワイも同じでした。航空会社のカウンターへたどり着く前に、重量チェックされるので要注意。

私は、食料品(液体も)を持って帰ることが多いため、重量オーバーになっちゃうことが多いのですが、その対策として、パッキングの時点で、重量オーバーでひっかったときように、すぐにスーツケースを開けて荷物を取り出せる準備をしてます。要は、荷物を分ければいいのです。1個当たりの重さを減らせばいいのです。

国際線は、例えば今回のJALであれば、荷物23キロまでを一人2個まで(合計46キロまで)。なので重量オーバーだと言われたら、スーツケースに入れておいた、大き目の袋(封ができるタイプが良い)に、衣類とかをチャチャっと詰めて、「重さを減らしました。そしてこれが2つ目の荷物です」、とすれば問題なしです。重量オーバーのままだと、追加でとられるお金はかなり高いので気をつけて。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】ハワイ  comments(6)  trackbacks(0) written by Rie 
<< かわいい困ったさん、1歳8ヶ月 | main | ぼくはがんばる >>
コメント
by すぎやまてるこ at 2012/06/20 9:50 PM
りえさん

今回の記事、非常に参考になりました。

今後、私が赤ちゃん連れの旅をすることはおそらくないだろうけれど(もしあるとするなら孫ですね)…。

今、赤ちゃんを育てている友人にそういう機会があれば、りえさんのブログを参考にするよう伝えようと思います。

それにしても手作りおもちゃの数々。
素晴らしいの一言に尽きます。
これは、息子君、喜びますよ〜。
記念に現物か、写真を保存しておかれるといいですね。

by celica at 2012/06/21 8:11 PM
今回もRIEさんのメモにくいいるように読みました!

私は独身なので、自分の心配だけしてたらいいの
ですが、そうか〜赤ちゃんいるとそういうことに
注意しないといけないんですね。

私はなぜかハワイへ行く時はいつもJALです。
今はどうかわかりませんが、帰りの飛行機の
集合時間も無理のない時間だし
(安い航空会社だととんでもない時間集合)
やっぱりそうそう、値段しますが、CAさんたちの
対応もいいし「さすがJAL!」ですよね。

私は8月25日から行ってきます。
今回ESTA初申請です。どきどき。

by RIE at 2012/06/22 1:31 AM
すぎやまてるこさん、

いろいろ書いてはみたものの、実は適当な部分も多い私のブログ、参考になりましたか〜?!もしそうなら嬉しいです。

昔からお絵かきとか工作が大好きだったので、なんだか子どもの頃に戻った感覚で、実は私自身が一番楽しんでおもちゃを作ってるかも。そして息子も喜んでくれると、嬉しさ&楽しさ倍増ですね♪

by RIE at 2012/06/22 1:35 AM
celicaさん、

なるほど!たしかにJALのフライトスケジュールは往復ともに無理がなくて、けっこういい感じでした。これも疲れずに旅行するための重要ポイントですね。

ESTA申請は無事に終わりましたか?ちょっぴり面倒だけど、その代わり、アメリカ入国時に書く紙が1枚減ったので、それはちょっぴり便利でした。

celicaさんのハワイ旅行がたのしいものになりますように♪

by Aya at 2012/06/28 3:00 AM
RIEさん、色々工夫されていて秘密兵器に感動しました!
いやー、ホントかわいい♪素敵!!
機内でお子さんがぐずっても放置している方もたまにいらっしゃいますが、国際線だとさすがにイラっとしてしまいます。
お母さんが色々工夫をされて乗ってらっしゃるのって
子供がいない人からみると本当にありがたいですね!
私はJAL派なのですが、
札幌から中部国際空港経由でJALで行くと乗り継ぎの時間も
とても少なくて、
日本を出発する時間は夜遅く、ハワイ到着も11時ごろだし
ハワイからの便もお昼過ぎで、
本当に乗り継ぎがスムーズで身体がとても楽です。
今回ハワイに来るのに初大韓航空を使いましたが最悪でした。。

by RIE at 2012/06/30 10:40 PM
Ayaさん、こんにちは。

たしかに中部国際空港-ホノルルのJAL便、フライトスケジュールがとってもよかったです。体への負担が少ない時間帯でした。

子連れ機内はとっても緊張するのですー。やっぱり私も、子供がいないとき、いろいろなフライトで、騒ぐ子供で大変な思いをしてきた過去があったからこそ、同じように迷惑をかけないように、と必死&冷や汗なのかも。

飽きっぽい子供には、秘密兵器のもち時間も、あまり長くはないのですが、これからもいろいろ工夫してがんばります!

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1304
トラックバック