子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
【サンフランシスコ】 Folsom Street Fair すごいお祭り
sP1110407.jpg
だいぶ前になってしまうけど、秋のサンフランシスコ旅行のときのお話。

そもそも、シリコンバレーに暮らす友人家族に会いたくて、この旅先を選んだのだけど、せっかくなら面白い体験をしたい!ということで調べてヒットしたのが、Folsom Street Fair というこのお祭りでした。どう説明しようか悩むところだけど、ずばり、ゲイやレズビアンのお祭り。かなりハード系。(あと数日後だったら、SFで大きなベジタリアンフェアがあったんだけどね・・・残念)


とにかく自分の知らない世界は、なんでも興味津々なので、これもチャンス!とばかり、参加してきました。参加費は、寄付(Donate)制なのだけど、一応相場が決まっていて、このときは7−10ドル!と入口に書かれていたので、7ドルを(案外高いよね)。

お金を払うと、写真のようなシールをもらえるので、寄付した印に服に貼っておきます。このシール、あとではがし忘れたまま服に貼っておくと、ちょっと恥ずかしい・・・。

さて、

ほんとにたまたま、サンフランシスコでこのお祭りがやっていたので参加したのですが(他に面白そうなのがなかった・・・とも言える)、さすがに今回ばかりは、いろんな意見があると思うので、見たくない人はこの先、見ないでくださいね。写真があります。

私としては、これも個性で、いろんな人がいていいよね、堂々とアピールできる場があるっていうのも楽しいじゃない、と思っています。

かなりすごい内容のお祭りで、しかもみんな写真も全然OKでびっくり。この先、かなり選んだ(あまり激しくない)写真を載せてますが、それでも気分を害する人がいるといけないので、この先は、それぞれの判断でお願いします。

sP1110345.jpg
行った時間が、まだ早い方だったので、最初は「あれ、案外大したことないねぇ」なんて、旦那さんと話していたものの、だんだん、あれ?あれ?なんかおかしいよね?っという人が増えてきました。

サラリーマン風の男性、裸で立ってます。裸に、かばん。

sP1110362.jpg
男性も女性も、両性の方も(どっちもついててわけわからなかった)。ほんと不思議な世界に迷い込んだ気分。あっちむいても、こっちむいても、裸だったり。

sP1110380.jpg
ちょっとかわいい。宇宙から飛んできたみたいだ。自由に自分をアピールできるって、気持ちいいんだろうな。

これでもかなり写真を選んでいるのですが、ほとんどの写真は、とてもここに載せられないものばかり。裸の人が、うじょうじょなんだけど、みんな普通の裸の状態じゃない。

sP1110352.jpg
なんとかこの写真なら大丈夫?これがぎりぎりか?

道路の真ん中で、裸で思い思いにヨガしてました。人種も性別もなんにも関係なし。

なかなかすごい体験ができました。このストリートフェアは、けっこう広い範囲の道路を貸し切って行われていて、全部見ようとすると、けっこう疲れます。(足より、刺激が強すぎて、頭の中が疲れるのかも・・・)。いろんな激しいショーもしてるし、激しいグッズ販売もあるし。とにかくすごかったー。

ちなみに、日本人らしき人とは誰ともすれ違わず。子供が入場可能かどうかもわかりません。(0歳児の我が子は、抱っこでずーっと寝てました。ほっ。)

前に、サンディエゴでヌーディストビーチに行ったときに次ぐ、どきどき体験でした。毎年開催されていると思うので、詳しくは下記サイトでチェックしてくださいね。世界には、いろんなお祭りがあるものだなぁ。

サンフランシスコ ハードゲイ&レズビアンのストリートフェア 
Folsom Street Fair
http://folsomstreetfair.org/ (公式サイト)

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】アメリカ  comments(3)  trackbacks(0) written by Rie 
<< おえかきちょんちょん | main | こどもはたからもの >>
コメント
by めぐみ at 2012/02/20 2:58 AM
こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しています。
面白いイベント、紹介してくださってありがとうございます!
日本でも少人数ながら大阪や東京でパレードがあるみたいですよ。
私は台湾留学中なのですが、台湾でも台北、高雄、台中で同じようなパレードがあって、台北では1万以上の人が毎年参加していて、すごくにぎやかです:D

りえさんの文章を読んでいて、写真を載せるのに勇気がいったのだろうと推測したのですが、今はセクシュアルマイノリティの人々の人権も少しずつ意識されてきているので、肯定的な人も多いと思いますよ!

あと、「レズ」は蔑称とされていて、「レズビアン」と名乗る当事者の方々が多いようです:)

これからも更新楽しみにしてますね。育児、家事、お仕事とお忙しいでしょうが、お体に気をつけてくださいね:D!

by RIE at 2012/02/20 5:27 PM
めぐみさん、こんにちは♪

いろいろ教えてくださってありがとうございます!台北のパレードでは1万人以上・・・これもびっくり。でも、たしかに台湾、多いですよね。残念ながら台北のパレードには参加したことないのですが、さすがにみんな裸ではないですよね?

サンフランシスコのこのフェアは、裸が多いし、一部裸も多いし、実際に激しいプレイする人々もいて・・・かなり激しいものでした。写真は私はよくても、こればかりは捉え方が人それぞれで、人によっては不快な思いをさせてもいけないし、ということでちょこっと悩みました。

今は、レズビアンという方がいいのですね。なるほど!また気づいたことがあったら、ぜひ教えてくださいね!それにしても、あぁ、台湾、恋しいです〜。

by あいうえお at 2015/01/30 8:51 PM
初めまして。
えーと、このイベントはゲイイベントではないんですよね。。。実は・・・。BDSMというSMイベントですね。色んなセクシャリティの方が参加してますよ。
ちょっと過激すぎて驚きますよね。こんな超性的なイベントが許されるとは、サンフランシスコ恐るべし。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1268
トラックバック