子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
今日もていねいに。
今日もていねいに。.jpg
大好きな一冊。暮らしの手帳の編集長である、松浦 弥太郎さんの「今日もていねいに。」

松浦さんのことは、な〜んにもしらなかったけれど(失礼)、本屋さんで出会って購入した本。毎日を、幸せだなぁ、うれしいなぁって思いながら過ごせるヒントがたくさん詰まった、とっても読みやすい本です。前にも読んだのだけど、久しぶりに読み返してみたら、やっぱりイイ!私、松浦さんの文章も表現も大好きです。

例えば、「読書という旅」の項目には、「僕ときたら、読んだあと、あらすじを忘れてしまうこともしばしばです。読み終わったあとの記憶や、書かれていた内容はどうでもよく、読書の楽しみは、『読んでいる時間そのもの』にあると感じているから。」・・・なんて文章にも、うん、うん、とうなずくばかり。

そして、「暮らしの引き算」では、「増やしたら、減らす。ごくシンプルなこのやり方が、ていねいに生きる秘訣です。」などなど。うん、どの話も好きだ。また半年後ぐらいに読み返したいな♪

babyhand.jpg
赤ちゃん、むちむち大きくなってます。おかげさまで、輪ゴムしてるかのような手になりました。ありがたい、ありがたい。

一方、私は、まだまだやってくる様々な症状の波を乗り越えつつ、がんばってます。最近は、歯&歯茎が痛くて、もう少しで何も食べられなくなるところでした。虫歯のとき、冷たいものとか熱いものを食べると、キーンとしみるあの痛み。あれが、さらに強烈になったものが、物を食べるたび、5分以上続くのです。あまりに痛くて、体が固まってました。

食べ物は、どれだけぬるくても、やわらかくても関係なくて、物を食べること自体が痛みを引き起こすようで、一時途方にくれていたのですが、妊娠中、皮膚炎で苦しんでいた3ヶ月間にも、同じようなことがあったのを思い出しました。・・・ということは、やはり虫歯ではない。

結局、これは歯をくいしばりすぎてたことが原因でした。夜中、体(皮膚)の痛みに耐えて苦しんでる間、無意識に、歯を食いしばっていたのです。それが何日も続き、こんな痛みになってしまったようです。それを意識的に治していったら、だいぶ痛みが和らいできました。あーよかった。

まだまだ、いろんな症状があるものです。でも、きっとあと少し。がんばる。がんばれる。

  
ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     読書  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< レンコンの粉で、もちもちベジバーグ | main | 台湾のコンビニでベジタリアン。 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1122
トラックバック