子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
鼎泰豐で、小籠包を食べよう!どっちがおいしい?
鼎泰豊004.jpg
台湾で小籠包といえば、一番有名なのは鼎泰豐(ディンタイフォン)。

いまさらながら、行ってまいりました!実はず〜っと行きたかったのです。私が大好きなお店(京鼎樓)と、ほんとはどっちがおいしいの?と気になって。


前に鼎泰豐へ行ったのは、もう7年ぐらい前、初めて台湾へきたときのこと。そのとき、すでに玄米菜食してたので、食べたのは素食の蒸餃子&麺など。おいしかった記憶はうっすらあるけど、接待でつれていってもらったため、緊張しつつ、時間に焦りつつの食事だったので、実はあまり覚えてなくて・・・。

その数年後、食通の台湾人につれていってもらったのが、別のお店(京鼎小館)で、すごくおいしくて、それ以来ずっと京鼎樓・京鼎小館をひいきにしてきました。でも、やはり有名なのは断然、鼎泰豐。で、本当はどっちがおいしいの???と。

鼎泰豊007.jpg
で、旦那さんと台北ぐるり撮影会に行ったあの日、撮影の後で、鼎泰豐(本店)に行っちゃいました。中正紀念堂から歩いて15分ぐらいだったし、まだAM10時半だったから並ばなくてOKで。(11時半過ぎると、入り口は人でぎゅうぎゅう。常にたくさんの人が並んでます)

彼はもちろん小籠包を。あとは炒飯と空芯菜の炒め物。これが小籠包を食べるときの、彼の定番メニュー。

鼎泰豊003.jpg
で、私はベジの蒸餃子(素)。あとは白飯。以前は、ベジ炒飯も頼んでましたが、やっぱり油が気になって、最近はもっぱら白飯が多いです。私はこれで十分♪

鼎泰豊006.jpg
久しぶりに食べてみて、鼎泰豊もおいしかった。鼎泰豊でランチなんて、すごく贅沢だねぇ。うれしいねぇ。楽しいねぇ。と話しながら。

でも、でも・・・よく分かりました。私たちは、やっぱり京鼎樓が好き!

サービスは、鼎泰豊が上。テーブルへの案内や接客が上手。回転が大事だから、みんなお仕事てきぱき。また、お手洗いには常に店員さんがいて清潔でした。さすが。

でも、料理自体は・・・京鼎樓の方がボリュームがあるし、安いし、熱々だし。もう少し庶民的な雰囲気で、わいわい気楽に食べるのが楽しい。

もうずっと京鼎樓で食べなれてるから、久しぶりに鼎泰豊の小籠包を見て、思わず「あっ、小さい…」って言っちゃったほど、1個1個が小さくて、なんだか満腹感がなくて。私のベジ小籠包も、京鼎樓の方が1.5倍ぐらいのボリューム(印象)。

ちなみにお値段、こんなに違う。
小籠包・・・鼎190/京170、
ベジ小籠包・・・鼎220/京180、
チャーハン・・・鼎170/京110

さらに京鼎樓は、ネットや無料冊子などで、簡単に5%割引クーポンが手に入るのです。一方の鼎泰豊は、ここにさらに10%サービス料が加算される・・・。ひゃぁ。

鼎泰豊002.jpg
鼎泰豊には、さりげなくグッズコーナー(1F)が。オリジナルのグッズがいっぱい。これが案外かわいい。商売上手だなぁ。

鼎泰豊001.jpg
あれこれ書いてはみたものの、念願かなって久しぶりに鼎泰豊へ行けただけで、本当に満足。形や味の好みも人それぞれだし、台湾に来て一番有名な鼎泰豊で小籠包を食べた!ってだけで、やっぱり嬉しいことだから、鼎泰豊は鼎泰豊でいいと思う。今日の話は、あくまで我が家の好みの話。

台湾のおいしい食事を、ありがとう。小籠包よ、ありがとう。

※余談ですが、旦那さん方は、他にも何店も、小籠包がおいしいと評判のお店に行ったことがあります。それなりにおいしいそうですが、皮が厚めだったり、味の好みもあり、やっぱり京鼎樓・京鼎小館の小籠包が好きみたい。

過去記事:【京鼎小館、京鼎樓】 台湾でおいしい小籠包
過去記事:【京鼎小館、京鼎樓】 台湾でおいしい小籠包(その2)

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-その他レストラン  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 総統府 休日一般公開の日 | main | 台湾で変身写真。友人ファミリー、ベネトン編。 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1055
トラックバック