子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
The Copley House ボストンで快適アパートに泊まろう!
The Copley House07.jpg
(1年半前のことになってしまうけど、自分のメモ用に書き記しておきます)

アメリカ旅行をしていたとき、悩んだのがボストンの宿泊先。というのも、ボストンもワシントンD.C.と同様に、ホテルが高い!ボストンは昔、1ヵ月半住んでたこともあるし、何度も行ったなじみのある場所なのですが、宿泊場所にはいつも困っちゃう。

いつか妹とBostonへ行ったときには、ホテルが高くて泊まれず、ユースホステルにしてみたけど、場所が悪いうえ、ベッド環境も最悪で、思わずそのまま逃げ出したことがありました。ユースホステルが工事中で、普通の状況じゃなかったせいもあるかもしれないけど、あれはひどかった・・・よね、妹よ。

で、そのときは、昔お世話になったホームステイ先にヘルプミ〜電話をして、急遽泊まらせてもらうことになったのですが、今回はがんばった結果、めちゃくちゃいいところを見つけることができたのです。これは拍手もの

The Copley House01.jpg
ここは、The Copley Houseという貸しアパートです。CopleyPlaceの周辺(ダウンタウン)など、かなり立地がいい場所に、たくさんアパートの部屋をもっていて、あらかじめインターネットで、部屋の様子(いろんな写真)や地図、備品なども確認した上で、好きな部屋を選べるのです。どんな部屋があるか、見てるだけも楽しい。

海外旅行のとき、1食は外食でも、それ以外はほぼ自炊してる私。調理設備や器具がなくても、ポットヤコーヒーメーカーさえあれば、なんとかなる技は見につけてるものの、やっぱりキッチンがあれば最高!だから値段さえOKなら、アパートタイプの部屋を借りることが多いです。たとえホテルよりちょっと高くなっても、キッチンがあれば外食費が浮くので、おすすめ。

それにしても、ここはかなりお得。ボストンで、この立地で、この広さで、税込み100ドルぐらい。ホテルに泊まるよりも安い気がする。

The Copley House03.jpg
実は、私が予約していた部屋は、一番安いSmall Studiosの部屋でしたが、一つ上のランクの部屋が空いてるから無料アップグレードできるけどどう?と提案されて、ここに。

でも、もともと予約してた部屋もすごくいい部屋だったんですよ。駅にかなり近い、陽の当たる2階部屋。一方ここは、駅から少し離れた半地下の部屋。でも広い!悩んだけど、部屋を見せてもらって、この広い部屋にしました。半地下だったけど、ちゃんと陽も入るし、半地下で暮らす経験も面白いんじゃないかと思って。

The Copley House06.jpg
十分なキッチンスペース。必要なものはほぼそろってます。これだけあれば料理も楽しい。(そのときの料理は過去記事で一部だけ紹介してます)

The Copley House04.jpg
冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、トースター、コーヒーメーカーも。調理器具もバッチリ。CopleyPlace横に大きなスーパーもできてたので、そこで野菜をたっぷり購入。後は大好きなTrader Joe'sなどで、ベジフードを買ってきて調理したり♪

The Copley House02.jpg
立派なテレビもあるし。LANも完備。(スーツケースは自分たちのです。。。)

The Copley House05.jpg
バスタブはないけど、シャワーは快適に浴びれます。ほんとにここで暮らしてるみたいに生活できました。またボストンに行くことがあれば、ここが第一候補です。

ボストンでの5泊もあっという間。彼はボストンが初めてだったので、主な観光名所を回ったり、大学巡りをしたり、お互い気ままな自由行動。一方の私は、相変わらずオーガニックショップ巡りを楽しんだり、カフェで読書したり、本屋さんでブラブラしたり。こんな風に旅先でも、暮らしてるみたいに過ごすのが大好きです。

The Copley House
アメリカ・ボストンの短期宿泊用アパート
41 Saint Stephen street, right next to Symphony Hall
Phone: 617-236-8300  Fax: 617-424-1825
http://www.copleyhouse.com/

tripadvisorの紹介ページ:なんでランクが低めかは不思議。こんなにいいアパートなのに。もしかしたら、泊まる部屋にもよる?
※最初はオフィスへ行くのですが、これがちょっと分かりにくいので要注意。また、部屋がオフィスと離れている場合、荷物を持って部屋まで移動するのはちょっと大変。
※ホテルの快適さ・サービスを求める人にはおすすめできないけど(サービス一切無)、暮らしてるように気ままに楽しみたい人には、とてもおすすめ。
※必要最低限でいいので英語が通じないと、ここを利用するのはちょっと厳しいかな。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】アメリカ  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
<< Red Bamboo ニューヨークのめちゃおいしいベジレストラン! | main | 豆腐パラダイス台湾☆ >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1041
トラックバック