子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
淡水てくてく散歩 (のんびり観光編)
P1010078.jpg

先日、淡水へ行ってきました。

淡水は台北駅から地下鉄で35分ぐらいの終着駅で、有名な観光スポットの一つ。ずっとずっと行きたかったのに、いつか行くだろうと思いつづけて1年数ヶ月。このままじゃ行けずに終わっちゃうかも!と、先日体調のよいとき&涼しかった日に思い切って出かけてきました。

体調悪くなってからのこの3ヶ月、こんな遠くに一人で出かけたことがなかっただけにドキドキ。でも、このチャンスを逃したら、私はもう行けないかもしれない・・・と、リュックにお弁当、iPod、お財布、カメラ、本を持って出発。

P1010147.jpg
車窓からの眺めもいいので、緑を眺めながら揺られていると、あっという間に淡水到着。

次はないかも、なんて思ってるから、見れるところは見ておきたい。淡水駅のインフォメーションコーナーで日本語の説明付き地図をもらって、ちょっと考えてから散策スタート。


P1010101.jpg
最初は商店街を楽しみつつ、帰りに河沿いの遊歩道を歩くことに。一人だから気ままにてくてく。

P1010116.jpg
緑がいっぱいで気持ちいい。思ったより暑い日になっちゃったけど、緑とおいしい空気のおかげで、私も元気。

P1010120.jpg
ひととおり有名どころを見てまわる。ここでお茶を飲みながら景色を眺めるのが良いらしいけど、値段が高いからスルー。

P1010118.jpg
高台からの景色。いつかまた、彼とデートにこよう。

P1010165.jpg
川沿いを歩いていると、マッカイ博士の像とスターバックスを発見。実はここ、お友達が教えてくれたおすすめスポットなのです。この川沿いのスターバックスの2階、バルコニー席でのんびりすごす時間は最高だよ、と。

数日前にその話を聞いて、私も淡水へ行こう、そしてそのスターバックスでゆっくりすごそう、と思いたったのです。なんとも単純な私。

P1010145.jpg
この席、本当に特等席でした。体調が悪くなってから、カフェもずっと行けずにいたから、ほんとに久しぶりのスターバックスとソイラテ。おまけで、ベーグルも付けちゃった。

川だけど、海がすぐそこだから、心地よい波の音とお店のBGMで最高のひととき。ああ幸せだ。淡水までこれたことも、スタバにこれたことも、この3ヶ月苦しかったけどこんな風にぎりぎり普通の暮らしができるまでに回復できたことも。全部うれしい。

P1010136.jpg
淡水は美しい夕焼けで有名な場所。本当はそれまでいたかったけど、体調のことを考えると無理は禁物。日傘しててもそれなりに日を浴びちゃってるから、スタバで1時間のんびりしたあと帰路につきました。

ああ、楽しかった。夜には旦那さんに「すご〜くよかったの!いつか一緒に行こうね。」って言いながら報告。ただ我が家から行くには、バスと地下鉄乗り継いで片道1時間。ちょっぴり遠いのです。だからこそ行く価値もあるのだけど、暑い夏はちょっと大変かも。

さてさて淡水。観光地化されてる部分も多く、商店街も華やかでした。それが、思いの外、買い物が楽しくてびっくり!・・・って、何も買わなかったんだけど、見てるだけでも楽しくて。これはまた次回紹介しますね。

(参考に:台北ナビさんの淡水情報

  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     台湾-お出かけ・体験  comments(3)  trackbacks(0) written by Rie 
<< 猫空でお茶会を。 | main | 淡水てくてく散歩 (わくわく買い物編) >>
コメント
by at 2010/06/12 11:16 AM
こんにちは

そうそう、近いからと思っていると行かないままの場所って多いんですよね。
東京に住んでいて、東京タワーに上ったことのない人も居ます。


りえさんが紹介してくださる台湾スポットはどこも美しくてステキですね。
川沿いのスタバでゆったりお茶するとリラックスできそうですね。
猫空にも行ってみたいです。

by Mio at 2010/06/12 5:47 PM
あらあら近くまで来られてたんですね。^^
今度はぜひ夕刻に。
いいですよ、すっごく。


by RIE at 2010/06/12 8:16 PM
Mioさん、

せっかくなのでMioさんに連絡したいなぁと思ったのですが、どこまで体がもつか自信がなくて、こっそり行ってしまいました(>.<)今度、ぜひ夕焼けを見てみたいです。思った以上に素敵な場所で、大好きになりました♪

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3sisters.jugem.jp/trackback/1033
トラックバック