子供と一緒に旅しよう。世界のベジ料理も楽しもう。ちいさな探検隊R

CATEGORIES:
ARCHIVES:
 
シンガポールでベジタリアン料理 【7sensations】Part.2
7sensations

だいぶ遅くなってしまいましたが、
シンガポールでベジタリアン料理」レポートも、とうとうこれが最後です。

シンガポールでの最後の外食(ランチ)は・・・
迷ったあげく、一番最初に行ったのと同じお店「7sensations」にしました。
結局、ここが一番体に優しい気がして。

旅行中は、一日一回だけ外食してる私たち。
さらに、航空券はマイレージでの無料航空券だし、ホテルも格安ホテルだし、
自分のものも、ほとんど何にも買ってないし・・・
せめて最後ぐらい、豪勢に食べようではないか!ということで、
今回だけは、食べてみたいものを全部注文してみることにしました。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(4)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールでナイトサファリへ行こう!
nightsafari

シンガポールの旅行記の続き。今回はナイトサファリについてです。
これからシンガポールへ行く人のために、詳しい情報を書いておきます。

シンガポールには、世界でも珍しい、夜7時〜真夜中12時までオープンする
ナイトサファリがあります。40ヘクタールの広い敷地に、
1000頭120種もの、様々な夜行性の動物が生息しているのです。

動物園好きな私は、これはもう行くしかない!と最初から興奮気味。
一方、旦那さんは「行ってもいいけど、おもしろいかなぁ」とちょっと疑い気味。

さてさて、ナイトサファリに行くには、往復ともタクシーが一番便利です。
市内から動物園まで、約20〜30分。料金もS$15〜20(1100〜1500円)程。
※帰りも、タクシー乗り場に何台もタクシーがあるから安心ですよ。

せっかくなら、暗くなってから行きたかったので、
私たちは市内を7時15分ぐらいに出発して、7時40分ぐらいに到着しました。
タクシーの運転手さんにも「ナイトサファリ」といえば、ちゃんと通じます。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(2)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールのお土産と小話。
シンガポールのお土産

小雨の日曜日。

天気はいまいちでも、湿度が高いからか、私はやけに調子がいい♪
なんか嬉しくって、気分がルンルンしています。

お昼には、大学時代の友達が、私の大好きなママンテラスのケーキを持って
家に遊びにきてくれました。Hちゃん、どうもありがとう!
おかげで、楽しいひと時を過ごせました。
私の知らない世界の話を聞けるのは、とっても楽しいです。

そして、もう少ししたら、我が家には別のお客様がやってきます。
姉の旦那さんです。今は、私の旦那さんと二人で、横浜中華街を散策中。
名づけて、「男ふたりの炒飯食べ歩きの旅」です。
今頃どんな話をしているのだろう?
お義兄さんは、初めて家に泊まりにきてくれるので、これまた嬉しいです♪
(もともと仲はいいけど)せっかくの機会だから、いっぱいおしゃべりしよう!

さて、それまでの間は私の仕事タイム。
今日は調子がいいので、どんどんいきます!がんばります!
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールで紫外線対策
singapore

なんか気に入っているシンガポールの写真。
このマーライオンの顔が好きです。

singapore

ヒンドゥー教寺院にて撮影。
像なのに、まるで生身の人間のような雰囲気です。
しかしこの色彩はすごいです。とてもひきつけられました。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールでベジタリアン料理 【Annalakshmi】
Annalakshmi

シンガポールの旅行記の続きです。
シンガポールに来たからには、本場のカレーを食べよう!ということで
3日目のお昼は、カレーを食べにチャイナタウンAmoyStreetへ行ってきました。

シンガポールには、リトルインディアという有名なエリアもあるほど、
インド系の住民が多く、インド料理店もとてもたくさんあります。
その中でも、体にやさしそうなお店を探して見つけたのが、このお店でした。

ここAnnalakshmiは、Temple of Fine Arts(TFA)という慈善団体が
運営しているインディアン・ベジタリアン・レストラン。
ビュッフェスタイルと、アラカルトのときがあるようですが、
(※↑もしかしたら、Amoy Streetの方はビュッフェスタイルだけかも)
どちらも料金は決まっておらず、自分の気持ちでお支払するシステムです。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールでドイツを読む。
Germany

最近書いてるシンガポール旅行記とは、ちょこっと内容がズレます。
これはドイツのことが書かれた本です。でも、シンガポールに持って行きました。

読書大好きな私ですが、実は、旅行中は全然本が読めません。
いつもたくさん本を持っていくのに、なぜか全然読めてない。

最近その理由が分かったのですが、旅先で本を読める時間があったら
私は現地のガイドブックや情報を、何度も何度も、読んでたのです。
だから本を読んでないわけではなく、ガイドブックを読んでいた、というわけです。

しかし今回は、なぜかシンガポール旅行にこの文庫本を持っていき、
機内にも持ち込み、ホテルでもこの本だけは読んでました。
夜にホテルのベッドの上で、この本を読みつつ、
シンガポールに来てるのに、なんでドイツの本やねん」なんて
内心、自分で自分に突っ込みを入れてました。

どう考えてもおかしい。

と思っていたら、今日、謎が解けました。
これにも、不思議な縁があったのです。

私に関係する、とある重要人物が、
今、ドイツのミュンヘンにいることが、今日突然判明したのです。
家族もみんなびっくりの人物。

そして私も、「だから私は、この本をずっと読んでたのね」と納得。
ちなみにこの本、著者はドイツのミュンヘン在住。
ミュンヘンについても、詳しく書かれてます。なかなか読み応えのある本で、
本を読みながら、思いがけずドイツに行きたくなってる自分に気づきました。

というわけで、体が元気になったらドイツに行こう!
またワクワクしてきました。

<心のつぶやき>
それでも、一方で寂しくて涙が出そうになることもあるのです。
でも、みんなが幸せになってくれることは嬉しいことなのです。妹よ。
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールでベジタリアン料理 【霊芝素食館】
LingZhi

ゴールデンウィークのシンガポール旅行記の続きです。

シンガポール2日目のお昼は、ちょうどオーチャードエリアに行きたかったので、
チャイニーズ・ベジタリアン(素食)でとっても有名な、このお店へ。
霊芝素食館 LingZhi Vegetarian Restaurant

たしかこのお店、他のアジアの国でも行ったことがあるような・・・。多分、香港で。
ここは高級店だけあって、落ち着いた店内です。値段も高めです。
お昼12時近くに行きましたが、席にはまだ余裕がありました。
※HPにて、Online予約もできるようです。

LingZhi

これは、(43)宮保猴斗茹
Wok-fried Monkey Head Mushrooms with Dried Chilli

Monkey Head Mushrooms(猿頭きのこ)を使った料理なのですが、
以前、台湾の素食レストランで、このきのこに出会って感動して以来、
このきのこが大好きになってしまいました。

今回も食べられるなんて・・・わたし、幸せ♪

その名前とは想像もできないほどの、おいしさと食感です。
本当に、本当に、お肉のよう。決してお肉に似てるからおいしい、というわけ
ではないんです。とにかくおいしい。どうしてこれが、キノコなの??
本当にキノコなの?と思っていまうような、ジューシーさと食感を持っています。

ちなみにこれは、S$18。日本円で約1370円です。
めちゃくちゃご飯がすすむ味なので、ぜひ白米と一緒にどうぞ♪

※今回も長いので、続きは下へ・・・写真も色々あります。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
海外旅行中の食事について(マクロビオティック)
pot

さてさて、普段からマクロビオティックを楽しんでいる私ですが、
海外旅行の楽しみの一つは、やっぱりみなさんと同じ「食事」です。

マクロビオティックをしていても、健康な体であれば
体に負担がこないように注意さえしていれば、普通は大丈夫なのですが、
私のように改善途中で、症状が出やすい体の場合は、
何を食べるか十分に気をつけないと大変なことになります。

でも、やっぱりおいしいものを食べたい!
そんなときにおすすめなのは、

※今回も長いので、続きは下へ・・・
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールでベジタリアン料理 【7sensations】
7sensations

シンガポールで楽しみだったのが、おいしいベジタリアン料理を食べること♪
アジア各国には、それぞれ宗教上の理由から、
思ってる以上に、ベジタリン料理や精進料理のお店が多くあります。

いつも旅行前には、日本語や英語で、おいしいお店の口コミを探しておき、
旅行中は、一日一度の外食を楽しんでます。そして今回も!

ただ、普段マクロビオティックをしている私には、ベジタリアン料理は
お店によって、香辛料が強かったり、体質的にキツイときがあるので
ちょっと注意も必要です。あと、ベジタリアンでも、乳製品は使う場合が
ありますので、厳格に食事制限をされている方などは、注意してくださいね。

さて、今回のトップバッターがここ、
リトルインディアの有名なテッカモールのすぐ裏にある
7SENSATIONS(セブン・センセーションズ)旧:Yogi Hub(ヨギハブ)です。

ここは、オーガニック素材を使ったベジタリアン料理が食べられるお店です。
チャイナタウンにもお店があるそうで、そちらの方が少し安めのようですが、
今回は、滞在先がリトルインディアから近い場所だったこともあり、
こちらのお店を利用しました。

※今回も長いので、続きは下へ・・・写真も色々あります。
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
シンガポールの格安ホテル(South East Asia Hotel)
South East Asia Hotel

シンガポールのホテルは、時期によって値段がぐっと上がります。
冬は安いようですが、春からぐぐっとUP。

というわけで、シンガポールの安いホテル探しは少々苦労しました。
それゆえ、どなたかの助けになればと思い、ブログに掲載しておきます。

もともと私も旦那さんも、旅の中身さえ充実していれば満足なので、
いいところ(高級ホテル)に泊まろうという気は全然なく、
例えば、1泊2000円ほどのドミトリー(相部屋)でも平気なタイプなのですが、
この2年、私の体調がよくないため、体調を優先に考えて、
ある程度のレベルのホテル(といってもやっぱり格安ですが)に泊まるようにしてます。

そして今回宿泊したのは、リトルインディアやアラブストリート、
マリーナセンターも徒歩圏内の、なかなか便利な立地にある
South East Asia Hotel(サウス・イースト・エイジア・ホテル)(写真上)
でした。MRT最寄り駅は、BUGIS(ブギス)駅。駅からは徒歩5分ほどです。

ブギス駅にあるモールには、食品スーパーも、インターネットスペースもあり、
なにかと便利な場所だったので、気に入ってます。

さて、今回も長くなるので、続きはこの下に・・・・
続きを読む >>
  
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ←いつも応援クリックありがとうございます!


ちいさな探検隊Rの台湾記事をまとめました:☆ハッピー台北 
     【海外】シンガポール  comments(0)  trackbacks(0) written by Rie 
  1 / 2ページ  >>